autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 誕生20周年の「SLK」が改名して大幅に進化!メルセデス・ベンツ「SLC」クラス 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/5/18 14:15

誕生20周年の「SLK」が改名して大幅に進化!メルセデス・ベンツ「SLC」クラス 海外試乗レポート(2/2)

関連: メルセデス・ベンツ SLC Text: 九島 辰也 Photo: メルセデス・ベンツ日本
誕生20周年の「SLK」が改名して大幅に進化!メルセデス・ベンツ「SLC」クラス 海外試乗レポート

進化を遂げながらも、SLK時代の美点であるハンドリングは健在

Mercedes-Benz SLC300

この日も峠を入り口でモードを変えると、一気に頭が覚醒した。

ダイナミックセレクトはSLC300にも積まれていたので、メルセデスAMG専用というわけではない。ただ、モノがモノだけに、スポーツマインドの高いモデルとの組み合わせが効果を倍増させる。

個人的には、SLKの時代からこのクルマの美点はハンドリングだと信じている。特に高速時での素直なフィーリングと安定性は他を圧倒する出来映えだ。

今回もそれは如実に出ていて、どんな状況下でも安心感を与えてくれた。実寸よりもワイドトレッドに感じる安定性はある意味メルセデスらしいセッティングかもしれない。

Mercedes-AMG SLC43Mercedes-AMG SLC43Mercedes-AMG SLC43Mercedes-AMG SLC43

バリオルーフと呼ばれる電動トップはこれまでと同様に信頼性の高いシロモノで、当然だがクローズド時はクーペ然とした気密性を保つ。走行中でも開閉は時速40キロまでなら可能。

オープン時には得意のエアスカーフもあるので、首もとを温風で暖かくしながらドライビングできるのが嬉しい。首もとを暖めると、温泉にでも入っているような気になるから不思議だ。

この他の電子デバイスも、他のラインナップ同様に順次進化している。

自動ブレーキのアクティブブレーキアシスト、ブラインドスポットアシスト、レーンキーピングアシストなどが標準もしくはオプションで広く用意される。

まるで3リッターNAのような力強さを楽しめる2.5リッター直4ディーゼル

Mercedes-Benz SLC250dMercedes-Benz SLC250d

フランスで対面した、新型SLC。SLC300、AMG SLC43のステアリングを握り、地中海沿いのワインディングを長い時間走り回ったが、それでも飛行機までの時間があったので最後に「SLC250d」を試乗。

すると、これが悪くない。低速トルクはもちろん、伸びもあって気持ちがいい。まるで3リッタークラスの自然吸気エンジンが持つ力強さだ。

日本でもディーゼルをポジティブに受け入れる風潮が強くなっているだけに、こんなモデルを入れてもおもしろい気がする。

まぁ、それもこれも基本骨格のよさが浮き彫りされた試乗会であったことは明白である。

[Text:九島辰也]

Mercedes-Benz SLC250dMercedes-Benz SLC250dMercedes-Benz SLC250dメルセデス・ベンツ SLC250dMercedes-Benz SLC250d
筆者: 九島 辰也

メルセデス・ベンツ SLC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ SLC の関連記事

メルセデス・ベンツ SLCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ SLC の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ SLC の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円