autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2009/9/18 11:00

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド 試乗レポート/石川真禧照

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド 試乗レポート/石川真禧照

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド ヘッドライト
メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド フロントビューメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド リアビュー

日本ではハイブリッドカーが大人気。エコカー減税も日本車に有利なので、輸入車はカヤの外に置かれていた。

でも、ついに、というか、ようやく、輸入車もエコカー減税(自動車取得税・重量税)100%対象車が登場した。

それがメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッドロングだ。

メルセデス・ベンツの最上級セダンであるSクラスをベースにハイブリッド化したクルマが、上陸したのだ。このクルマは、すでにドイツでは発売されており、早くもSクラス全体の20%近くのシェアを占めているヒット車になっている。

Sクラスのマイナーチェンジと同時に投入されたハイブリッドは、3.5リッターV6エンジン+モーターというユニットを搭載している。

マイナーチェンジでフロントライトの周囲にLEDを並べ、バンパーにもLEDのドライビングライトを埋めこんだスタイルは迫力満点。さらにリアもブレーキランプに52個のLEDを採用、マフラーはバンパーにビルドインされた。これも迫力だ。

「ブースト機能」として加速をサポートする電気モーター

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド ハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー

Sクラスのハイブリッドシステムは、トヨタ流でいえば、マイルドハイブリッドタイプだ。

電池には最新のリチウムイオンを用いた。この電池は、フロントからエンジンルームに向かって左端に収まっているほどにコンパクトだ。ちょうどノーマル仕様のバッテリーの位置になる。

ガソリンエンジンは3.5リッターV6。ハイブリッド用に熱効率を改善する大幅な改良が施されている。エンジンの出力は205kW/279馬力、トルクは350Nm(35.7kgm)。これはノーマルのS350とほぼ同数値だ。

このエンジンと組み合わされるハイブリッドモジュールは、エンジンと7速ATの間に組みこまれた薄型の電気モーターが肝。

最大160Nmのトルクを発生する小型電気モーターは、スタート時や加速時などトルクを必要とするときに「ブースト機能」としてサポートする。減速時にはジェネレーターとして、運動エネルギーを回収し、バッテリーに充電する「回生ブレーキ」として機能するのだ。

さらに、減速してクルマが時速15キロ以下になるとエンジンが停止し、アイドリングストップ状態になる「ECOスタートストップ機能」も装備されている。

この結果、10・15モード燃費は11.2km/L。同じエンジンのS350は8.6km/Lなので、約30%もの燃費向上を実現した。

メルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド ハイブリッド車用リチウムイオンバッテリーメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド エンジンメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド サイドビューメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド マフラーメルセデス・ベンツ Sクラスハイブリッド HYBRIDエンブレム

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円