autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ GLクラス 海外試乗レポート

試乗レポート 2006/3/29 14:28

メルセデス・ベンツ GLクラス 海外試乗レポート(1/3)

関連: メルセデス・ベンツ GLクラス Text: 西川 淳 Photo: ダイムラー・クライスラー日本株式会社
メルセデス・ベンツ GLクラス 海外試乗レポート

アメリカマーケットを狙う3列シート高級SUVモデル

今年のデトロイトショーで姿を見せた、メルセデス・ベンツGLクラス。その国際試乗会がカリフォルニアはナパバレーで開催された。

サンフランシスコ市内のホテルを起点に、海岸沿いを北上しナパに向う、高速あり、ワインディングあり、典型的なアメリカの田舎町ありのコース。太陽が燦燦と輝くカリフォルニアのイメージとはほど遠く、雄大で険しい大自然と、まるで北イタリアのワイン産地のように快適で肥沃な土地が、GLクラスに乗るわれわれを出迎える。季節はちょうど雨季。そぼ降る雨も、新しいGLクラスを試すには好都合とばかり、安心感に包まれてアクセルペダルを踏みしめた・・・。

新型GLクラスは、Gクラスの後継モデルではない。Gクラスの人気は未だに高く、アメリカ市場では正式に販売ネットワークに載ってからまだ日が浅いということもあって、まだまだ需要が衰えない。ハードオフローダーそのものの種類も少なく、貴重な存在だ。

日本でもそれは同じで、しかもG55AMGが最も売れているというのだから、ここで生産を止めればみすみす儲けを捨てるようなもの。というわけで、27年選手のGクラスではあるが、とりあえず2010年まで、これまでどおりオーストリア・ジュタイアの工場で生産継続と相成った。

だとすれば、新しいGLクラスが担う役割は何か。狙いはもちろん、アメリカマーケットだ。ご存知のように、現行型2代目MLクラスは2列シート5名乗車のSUVである。旧型のように3列シートのオプションがない。しかし、アメリカでは3列シートモデルの需要がかなり高い。お母さん連中が持ちまわりで学校やスポーツ施設へ子供たちを送迎する、いわゆるmama’s-car(サッカー・マム)ニーズである。

その昔はでっかいステーションワゴン、ちょっと前までミニバン、そして今やSUV。新型GLクラスのアメリカ仕様では3列シートモデルを標準とすることで、その市場を狙ったのだった。

旧MLクラスの3列シートモデルでは得られなかった、7座席すべての快適性を高めること、より使い勝手に優れたラゲッジスペースを手に入れること、安定感あるドライバビリティを得ること、が新しいGLクラスの狙いと言っていいだろう。

いわばMLクラスの3列シートロング版であり、ハードオフローダーのGクラスとはまるで違う性格といえる。プラットフォームも現行MLクラス、Rクラスと共有している。つまり、北米タスカルーサ工場にて生産されるモデルだ。

メルセデス・ベンツ GLクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ GLクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ GLクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ GLクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ GLクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円