autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型 Eクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2013/8/5 13:40

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎

2ドアながら多様な使い方に対応する「Eクラスクーペ」がガラッと大変身

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス E350クーペ AMGスポーツパッケージ[ボディカラー:ファイアオパール]

今や日本に導入される車種が20モデルを超えるほどになったメルセデス・ベンツ。真っ先にイメージするのは、やはり高級サルーンだという人のほうが多いだろうが、実は2ドアのスポーティ系モデルのラインアップもかなり豊富。中でもEクラスクーペは、ラグジュアリー感とスポーティさと実用性をバランスよく兼ね備え、さらには安全性やコストパフォーマンスにも優れるなどといったオールラウンドさが魅力だ。

そのEクラスクーペが、セダン/ステーションワゴンに続いて、2013年8月にビッグマイナーチェンジを実施。いち早くおろしたてのニューモデルをドライブすることができた。

セダンでは変更されたリアフェンダーの形状はそのまま踏襲

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス E350クーペ AMGスポーツパッケージ[ボディカラー:ファイアオパール]

従来に比べて印象の大きく変わったエクステリアは、一体型LEDヘッドライトや、大きなスリーポインテッドスターを持つスポーツグリル、開口部の大きなバンパーなど、アグレッシブな雰囲気となったフロントマスクの変更がメイン。

さらに「AMGスポーツパッケージ」を選ぶと、よりダイナミックさの際立つルックスとなる。 LEDリアコンビネーションランプのデザインが新しくなり、バンパー下部にディフューザーを備え、大型化されたエキゾーストエンドが与えられたリアビューも従来とは印象がずいぶん変わった。

一方で、セダン/ステーションワゴンでは廃止された筋肉質なリアフェンダーは従来を踏襲している。実際の話、セダンやステーションワゴンではやや違和感を覚えたものだが、クーペは似合うので残されたのだろう。

ダイレクト・セレクトの採用でセンターコンソールもすっきり

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス E350クーペ AMGスポーツパッケージメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス E350クーペ AMGスポーツパッケージ

インテリアも変わった。最大のポイントは、「ダイレクト・セレクト」と呼ぶコラムシフトのセレクターの採用だ。これによりコンソールまわりがスッキリとした。

ただし、ダイレクト・セレクトの導入時からずっと、右ハンドル車であってもセレクターレバーが右側に設定されている点は、いまだにしっくりこない。E250クーペは右ハンドルのみで、E350クーペとE550クーペでは右ハンドルと左ハンドルの両方が選べ、今回試乗したのはE350クーペの右ハンドル仕様だったのだが、あらためてそう感じてしまった。

さらにはセンタートンネルの張り出しやフットペダルのポジションなど、右ハンドル特有の気になる点も少なからずある。

しかしそんなデメリットはあるにせよ、日本の交通状況下では右ハンドル車に乗るメリットのほうが遥かに大きいのも、ここであえて言うまでもない。

また、最近のメルセデスの日本導入モデルでは、ディスプレイに日本語で親切に表示してくれるようになったのはありがたいことで、このクルマももちろんそうだ。

[次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 関連ページ

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円