autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Cクラス ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2014/11/14 11:36

メルセデス・ベンツ Cクラス ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

関連: メルセデス・ベンツ Cクラス Text: Photo: メルセデス・ベンツ日本 Text :岡崎五朗
メルセデス・ベンツ Cクラス ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

クラスの概念を打破Sクラスに迫る一球入魂車

メルセデス・ベンツ Cクラス

いやはや参りました。こんな気持ちになったのは昨年VWゴルフに乗ったとき以来だった。

ドイツ生まれであること以外、メーカーも車格もコンセプトも異なる2台だが、そこには「クラスの概念を打破した驚き」という共通点が確実にある。そしてそれが、ゾクゾクするような迫力となって乗り手に伝わってくるのだ。

メルセデス・ベンツ Cクラス

Sクラスを彷彿とさせる外観に加え、インテリアの出来映えがまたスゴい。

その質感は、先代Cクラスは当然のこと、現行Eクラスをも軽く置き去りにし、Sクラスに迫る。言い換えればBMW3シリーズやアウディA4はもはや敵ではないということだ。

さらに、ステレオカメラと複数のミリ波レーダーにより周囲360度をモニタリングし危険を回避する、Sクラス譲りの安全システムを採用。ベーシックグレードではオプション扱いだが、価格は19万円と破格の設定だ。このあたりにもメルセデスの本気を感じる。

メルセデス・ベンツ Cクラス

秋にはC250、その後はディーゼルなども追加になる予定だが、初期ロットとして発売されたのはC180とC200。

前者は1.6Lターボ、後者は2Lターボで、試乗したのはともにスポーティな味付けを施したAMGラインだった。

C180の動力性能はほぼ及第点レベル。遅くはないが決して速くはない。値段は張るけれど、高級車らしい余裕が欲しいならC200がオススメだ。

メルセデス・ベンツ Cクラス

足回りの狙いは快適性とスポーツ性の両立とのことだが、日本仕様の全車が履くランフラットタイヤが快適性を犠牲にしているのは否めない。とくにC180のAMGラインの乗り心地はメルセデス水準の乗り心地には達していない。

それに対し、エアサスを装備するC200のAMGラインは荒れた路面でも気持ちよく走ってくれた。タイヤとのマッチングには課題を残しているが、メルセデスが一球入魂でつくりあげた新型Cクラスは、間違いなく一見の価値ありだ。

[レポート:岡崎五朗]

MERCEDES-BENZ C200 AVANTGARDE

車両本体価格:¥5,240,000(消費税込)/全長×全幅×全高(㎜):4,690×1,810×1,435/車両重量:1,540kg/定員:5人/エンジン:DOHC直列4気筒ターボチャージャー付/総排気量:1,991cc/最高出力:135kW(184ps)/5,500rpm/最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1,200〜4,000rpm/JC08モード燃費:16.5㎞/L/駆動方式:後輪駆動

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円