autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅 3ページ目

デザイナーズルーム 2012/7/11 17:45

マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅(3/3)

関連: マツダ CX-5 Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅

デザインは、破天荒なぐらいがちょうどいい

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

AO:インテリアはどんな考えでデザインしたのですか。

N:グローバルで通用するインテリアがテーマだったので、欧州車の品質レベルに負けないという気持ちで挑みました。これはエクステリアの「骨格」に対応する戦略でもあります。

これまでのマツダのインテリアは、デザインは良かった。でもインテリアにとって、シェイプはそんなに関係がないと自分では思っています。運転に支障がある造形はかえって煩わしいし、水平垂直が分かりにくいものは運転しにくいからです。だから形に凝るより、質感を高めるように心がけました。

カラーは国内は黒だけですが、赤と黒のツインカラーステッチを入れたりしています。カラー担当が何年も暖めていたテクニックを、勇気を出して実現しました。海外向けには明るい色も用意していますが、こちらでは体が触れる部分に明るい色を持ってきたり、こだわりを出しています。

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー
Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

AO:マツダにとってこのクラスのSUVは久しぶりですね。

N:このクラスのSUVが世界中で伸びているのは知っていました。またアメリカでは先代マツダ3(アクセラ)がヒットしていて、全世界でも200万台以上が売れていました。デザインと走りが人気の理由だったようで、日本車としては年収の高い層に売れていたそうです。

でもこの人たちが次に買うクルマがなく、他のブランドのコンパクトSUVに流れてしまっていたのです。だからこそキャッチャーミット目がけて投げるような、確実性の高いSUVデザインを心がけました。

ライバルで気になったのは、開発当時はまだ関係が強かったフォードのクーガと、フォルクスワーゲン・ティグアンです。上のクラスになりますが、アウディQ5も見ていました。もちろんインテリアのクオリティを含めての話です。

日産ジュークですか?開発の途中で出てきたクルマですが、路線が違うというか、カッコ良さの種類が違うと思っています。CX-5は正統派の2枚目を狙ったつもりですが、ジュークは違う方向を向いているのではないかと考えています。

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

AO:ところで中山さんにとって、イマジネーションがふくらむ瞬間はどんな時ですか。

N:クルマのことを考えているときは、クルマのアイディアが浮かばないですね。私は1989年に入社した年にデビューしたての初代ロードスターを買って、今でも持っているのですが、ロードスターをメインテナンスしているときは、クルマのことは考えないものです。逆に自宅の庭で芝刈りをしているときなどに、発想が出てきたりします。

魂動もクルマではない部分から生まれた発想ですから。あまり特殊な状態で生まれることもなくて、普段の生活の中でひらめくことが多いですね。

とにかく意識していると出てこないものです。だから会社で一生懸命考えていても、なかなかいいデザインは思い浮かばないものです。サラリーマンがこういうこと言っていいのか分かりませんけれど。

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

AO:最後にカーデザイナーを目指す若い人に向けて、メッセージをお願いします。

N:カーデザインの世界は、昔に比べると人気がないような感じを抱いています。そもそも日本ではクルマが興味の対象ではなくなってきているし、どこの会社も同じようなデザインになっていて、バッジを外すと分からないぐらい、没個性になってしまっています。

高度なマーケティングリサーチを元にものづくりを進めなければならないという理由もありますが、とにかくやることが決まってきているのです。だから大変だと思うし、つまらないと感じるかもしれません。

そんな状況を踏まえた上で言いたいのは、子供の頃に感じた想いを実現するために、デザインを手段として使ってほしいということです。会社に入るといろいろなことを学ばされ、それが消え去りそうになるかもしれないけれど、それでも自分の想いを信じ続けることが大切です。

いまさら優等生的な形を提示しても、受け取る側はつまらないと思うでしょう。多くのクルマがこわれないし、良く走るわけだし、デザインぐらい破天荒なぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。素直に表現した人が勝ちだと考えています。

インタビューを終えて

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

中山さんはインタビューの最後に、「東洋人の美をクルマに反映させたい」と語り、具体的な人物としてイチロー、キム・ヨナ、ブルース・リーの名を挙げた。西洋人から見てもカッコいい、でも絶対に真似できない世界を目指したいという。

CX-5のデザインはたしかに、ヨーロッパの真似ではない。スカイアクティブという独自のテクノロジーを骨格として、マツダオリジナルの躍動を表現している。日本車のデザインをマツダが変えていく。そんな強い意志を中山さんとCX-5から受けた。

中山 雅プロフィール

1989年 マツダ株式会社入社 デザイン本部配属 インテリアデザインを担当。2000年 インテリアデザインスタジオGr主任。ここでデミオ、RX-8などを手掛ける。その後、マツダ欧州R&Dセンターへアシスタントチーフデザイナーとして赴任。デザイン企画推進室主幹、デザイン戦略スタジオ チーフデザイナーを経て、2009年にはCX-5担当チーフデザイナー、2010年にはコンセプトカー「マツダ勢」担当チーフデザイナーなどを歴任。現在に至る。

筆者: 森口 将之

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22