autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レクサス RX 新型車解説 4ページ目

新型車解説 2009/1/19 17:57

レクサス RX 新型車解説(4/4)

関連: レクサス RX Text: オートックワン 編集部 Photo: 島村 栄二
レクサス RX 新型車解説

怒涛のパワーを引き出すRX450hと、扱いやすさのRX350

最後にパッケージングと動力に関してお伝えしておこう。まず新型レクサスRXのボディサイズは全長4,770mm×全幅1,885mm×全高1,690mm。先代RX(現行ハリアー)より、全長+35mm、全幅+40mm、全高+10mmと、拡大が図られている。室内空間も同様で、全長+190mm(約20cm)、全幅+60mm、全高+10mmと、さらに広いインテリア空間を設け、圧迫感など微塵も感じさせない余裕を持たせた空間を備えている。

ラゲッジスペースはゴルフバッグ(9.5型)が4個積載可能。またワンタッチでリアシートをフォールダウンできる遠隔操作レバーで、リアシートの6:4分割可倒が可能だ。さらに“Version L Air suspension”では、ラゲッジへの荷物積載時に、備え付けの“車高調整スイッチ”を押せば、車高が30mm上下し、容易な積載が可能となるのも嬉しい。

一方動力パフォーマンスは、RX350には先代同様のV6 3.5L 2GR-FE型エンジン(280ps/35.5kgm)と、スーパーインテリジェント6速ATを搭載。そしてRX450hにはレクサス初となるV6 3.5Lアトキンソンエンジン(249ps/32.3kgm)を採用し、これに167psを発生するニッケル水素の高出力モーターを組合せ4.5L車並のハイパフォーマンスを披露するとのこと。それでいて燃費はRX450hがJCO8モードで16.8km/L(10.15モード:18.8km/L)、RX350がJCO8モード/10.15モードともに9.4km/Lだという。

ちなみにRX450hはそれだけではなく、全開加速時や雪道など滑りやすい路面でスムーズにAWDに切り替える“E-Four”(電気式AWDシステム)や、コーナリング時のロール抑制を行う電動アクティブスタビライザー(Version Sに標準装備。Version L、RX450hにオプション設定)も搭載している。

他にもクラウン・マジェスタにも採用されているVDIM(Vehicle Dynamics Integrated Management)、EPS(電動パワーステアリング協調機能)、インテリジェントAFS(Adaptive Front-Lighting System)、プリクラッシュセーフティシステム、といった予防安全性テクノロジーも充実された装備が整っている。

先進機能と、いかに安心してドライブを楽しめるかを追及した新型レクサスRX。やはりそこには“品格”の二文字がはっきりと存在している。ちなみにハリアーは、2010年までの並売が決定。それ以降は、過去にセルシオが消えてレクサスLSが一本化したように、こちらもレクサスRXがハリアーの後釜となりグローバル市場に立ち向かう形となる。日本ではどんな展開を見せるのか、今から非常に楽しみである。

走りに関しては、近日公開予定の試乗レポートを乞うご期待。

筆者: オートックワン 編集部

レクサス RX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス RX の関連記事

レクサス RXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RX の関連記事をもっと見る

レクサス RX の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円