autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ 試乗レポート/九島辰也 3ページ目

試乗レポート 2013/12/12 10:00

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ 試乗レポート/九島辰也(3/4)

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ 試乗レポート/九島辰也

着座位置からして「スポーティ」

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE[ボディカラー:ロワールブルー(メタリック)]

では、乗った印象へ話を移そう。

新型レンジローバー・スポーツ、最初にステアリングを握ったのは3リッターV6の方だ。2つのグレードに乗ったが、違いは装備の差にとどまる。HSEにはパドルシフトが付いていた。

座ってすぐに感じたのはドライビングポジション。ランドローバー系お得意のまわりを見下ろすコマンドポジションではなく、目線の低いスポーツコマンドになっていた。これはイヴォークと同じ考え方ということだ。

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE

新開発8速ATがもたらす、このうえないスムーズな走り

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE 試乗レポート3レンジローバースポーツ トランスミッション・クランクシャフト等のカットボディ

そして走り出しはじつにスマート。特に荒々しいところもなく、スーッと大きなカラダを運び出す。

シフトレンジをDにしておくとおとなしい。シフトアップは早くすぐトップギアに入り低回転をキープする。シフトショックはなく静粛性も高いため高級サルーンのようだ。エアサスもじつにナチュラル。床下でツッパている感はない。80km/h制限の有料道路をDレンジのまま流せば、エンジンの回転計は1400rpm以下だった。

言い忘れたが、このトランスミッションが新兵器でもある。同じZF社製だが、これまでの6速を8速に進化させた。二つギアが増えてハウジングのサイズが変わらないのだから恐れ入る。これで省燃費が達成できるのは言わずもがなだ。

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE 試乗レポート5

それにパドルを使った際のシフトチェンジの速度などを考えると、このトルコンATがいかに優れているかがわかる。SUVというキャラクターだからと言えばそれまでだが、デュアルクラッチを必要としない。このままでかなりスポーティさを満喫させてくれる。それにATモードでもSレンジにすれば個性が光る。おとなしい印象からワイルドなキャラクターへと変身だ。回転域を上まで引っ張るプログラミングがこいつの本性を導き出す。

[次ページに続く]

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ SEランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE[ボディカラー:ロワールブルー(メタリック)]ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE[ボディカラー:ロワールブルー(メタリック)]ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE[ボディカラー:ロワールブルー(メタリック)]ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ HSE[ボディカラー:ロワールブルー(メタリック)]

ランドローバー レンジローバースポーツ 関連ページ

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連記事

ランドローバー レンジローバースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17