autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/3/7 18:47

老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート(3/5)

関連: ランドローバー ディスカバリースポーツ , ランドローバー ディスカバリー Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ジャガーランドローバージャパン
老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート

2.0ターボに先進の多段式「9速」ATを組み合わせる

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎

ディスカバリースポーツには、直列4気筒2リッターのターボエンジンが搭載される。最高出力は240馬力(5500回転)、最大トルクは34.7kg-m(1750回転)を発揮する。この性能はイヴォークと同じだ。

ATは9速に多段化されてギヤ比の割り方が細かい。そのためにアクセル開度を大きく保てば高回転域が維持され、機敏な加速を続けられる。

車両重量は標準仕様になるSEが1920kg、試乗した5+2シートパックなどを備えたHSEラグジュアリーは2010kgと重いが、動力性能はノーマルエンジンに当てはめれば3.5リッター並みだ。ATも9速だから力不足は感じない。高回転域の吹き上がりが機敏だとか、特徴のあるエンジンではないが、実用回転域の駆動力を重視したから扱いやすい。

イヴォークとはサスペンション形式も異なる

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎

サスペンションは、フロント側がストラットでリア側はインテグラルリンクになる。後者はマルチリンクを発展させた方式で、前後左右方向の剛性を高めた。

ちなみにイヴォークは前後輪ともにストラットだから、構造的にはディスカバリースポーツの足まわりが上級化されている。

[走行性能の実力に迫る・・・次ページへ続く]

ランドローバー ディスカバリースポーツ 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事

ランドローバー ディスカバリースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事をもっと見る

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24