autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)vs スバル XV(ハイブリッド)どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/4/4 10:30

【比較】ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)vs スバル XV(ハイブリッド)どっちが買い!?徹底比較(3/4)

【比較】ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)vs スバル XV(ハイブリッド)どっちが買い!?徹底比較

ホンダ ヴェゼル vs スバル XV 走行性能対決

ホンダ ヴェゼル(ハイブリッドモデル)ホンダ ヴェゼル(ハイブリッドモデル)

次は走行性能を比べよう。両車ともノーマルエンジンとハイブリッドを設けるが、排気量はヴェゼルが「1.5リッター」でXVは「2リッター」。最大トルクには4kg-m以上の差があり、ヴェゼルでも力不足はないが、加速力が勝るのはXVだ。

両車の動力性能は、ノーマルエンジンとハイブリッドでも差が生じる。

ヴェゼルハイブリッドには、駆動用電池にリチウムイオンが採用されている。駆動はエンジン主体だがモーターの力も相応に強く、その動力性能はXVに近い。エンジンは1.5リッターだが、モーターを加えた性能としては1.8~2リッターほどのクルマと肩を並べるような力強さを受ける。

ヴェゼルではノーマルエンジンとハイブリッドで搭載するトランスミッションも異なっており、ノーマルエンジンは「CVT」だが、ハイブリッドは2組のクラッチを用いた「7速AT」となる。「7速AT」ではCVTとは異なり、機敏でスポーティな運転を楽しめる

スバル XV ハイブリッド

ただし「7速AT」は軽くアクセルを踏みながら時速50km以下で走っている時など、やや滑らかさに欠けたり、エコモード時でなくてもアクセル操作に対する反応が鈍く感じることがある。ノイズも少し気になるので、その辺りはディーラー試乗車などで確認して欲しい。

対するXVは、ノーマルエンジンとハイブリッドの差が小さい。駆動用電池はニッケル水素で、モーターの最高出力も13.6馬力にとどまる。巡航中にエンジン回転が下がり、軽くアクセルペダルを踏み増した時などはモーターがエンジンの駆動力を効果的にサポートするが、動力性能に目立った違いは生じない。特にエンジン回転が高まると、ハイブリッドとの差も分かりにくい。

ホンダ ヴェゼル vs スバル XV 燃費性能対決

ホンダ ヴェゼル(ハイブリッドモデル)

燃費性能については、XVはノーマルエンジン車が「15.8km/L」、XVハイブリッドは「20km/L」。

対するヴェゼルの場合はノーマルエンジン車が「20.6km/L」、ハイブリッドが「26km/L」(2WD・Xの場合)。そして4WDになると、ノーマルエンジン車が「19km/L」、ハイブリッドが「23.2km/L」へと下がる。

燃費については、ヴェゼル、XVのいづれもハイブリッドとはいえ走りのバランスやスポーティな運転感覚を重視している。

走行安定性は、低重心でホイールベースの長いXVが勝っている。最低地上高が高まるものの、インプレッサスポーツに近い運転感覚だ。

スバル XV ハイブリッド

ただし、運転の楽しさは互角だろう。ヴェゼルは高重心に伴う挙動の変化を穏やかに進行させ、「操っている感覚」を強めているからだ。ボディの傾き方は小さくないが、そこが楽しさを盛り上げた面もある。

乗り心地は両車ともに硬めの印象。街中では細かなデコボコを拾いやすいが、重厚感も伴って速度が高まると快適になる。

ヴェゼルの場合は、好みの範囲ではあるが、16インチよりも17インチタイヤの方が引き締まり感が伴って印象が良い。操舵に対する反応も少し機敏で、ヴェゼルのスポーティ感覚が明確になる。

XVのタイヤはすべて17インチ。ノーマルエンジン車は硬さを意識させるが、ハイブリッドは少し重厚感が増す。

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ヴェゼル の関連記事

ホンダ ヴェゼルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ヴェゼル の関連記事をもっと見る

ホンダ ヴェゼル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27