autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2009/11/29 11:08

ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ホンダ ステップワゴン Text: 岡本 幸一郎 Photo: 原田淳/オートックワン編集部
ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎

コーナリングや乗り心地は先代とは別物

ホンダ ステップワゴンスパーダホンダ ステップワゴン

コーナリングや乗り心地の印象も、先代とはだいぶ変わった。シンプルにいうと、ちょっとロールするようになったし、乗り心地がよくなった。ただし、ロールについて、車高が高くなったからロールが増えたというのは早合点だ。

事実、全高は45mm上がったが、重心高は10mmしか上がっていない。サスペンションをそのように設定して、「わざと」そうしているのだ。なぜかというと、一般走行時のステアリングフィールにリニアリティを出すため。

先代ステップワゴンは、ハイルーフミニバンとしては驚異的なコーナリングマシンだったが、一般走行においては犠牲になった部分もなくはなかった。

ちょっと固めの乗り心地だけでなく、ステアリングフィールも、たとえば直進時から左右に切ったときの接地感が連続性に欠けるような印象はあった。そうした部分がなくなるよう、フロントのロールセンターを下げるなどセッティングを変更、結果、問題点は解決できたが、オマケとしてちょっとロールしやすくなっただけの話である。

そもそもミニバンでロールが気になるような走り方はしないほうがいいわけで、そこは割り切って、より実情に合わせたということだ。

さらに、リアサスペンションが大きく変わった。先代では高い横Gにも耐えられるように、トレーリングアームの取り付け部を斜めに配置していた。ところが、それではどうしても動きが渋くなって、ゴツゴツ感が出てしまう。

そこで4代目では、その部分を真横に配置することで、スムーズな動きを手に入れた。この変更による先代との乗り心地の差は、後席に座ったときにも実感できる。

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24