autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2012/7/25 20:58

ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子(1/3)

関連: ホンダ N-BOX+ , ホンダ N-BOX Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子

ホンダの技術者魂が詰まった「N BOX」に、さらに「プラス」!

ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブロンズ&ホワイト]でまったり♪な筆者の飯田裕子サンホンダ 「N BOX + カスタム」G・ターボパッケージ(FF)[ボディカラー:プレミアムホワイトパール]

軽自動車最大級の広さを持つトールワゴンの「N BOX」をベースに、ホンダは「N」シリーズの第二弾として「N BOX+(プラス)」の発売を開始した。このニュー・モデルは、N BOXのボディサイズはそのままに、広いスペースを活かしてよりアクティブ&ヴァリアブルな使い方ができるというのが魅力だ。

ホンダにとっては軽自動車で久々の特大ヒットとなったN BOX。ライバルの「ダイハツ タント」もあっという間に追い越してしまった。広大な室内・荷室スペースと、乗り降りしやすくフラットで低いフロアが生み出した高い室内高、そして多彩なシートアレンジが広く受け入れられているのだろう。

その背景には、「フィット」などでお馴染みの、ガソリンタンクをフロントシート下に配置する「センタータンクレイアウト」の採用や、新開発エンジン+トランスミッションを搭載するエンジンルームの最小化(従来より-7cm短いのだとか)など、ホンダらしい技術者魂のこだわりがぎっしりとつまっている。

それでは、今回デビューした新型 N BOX+には、さらにどんな技術者魂が「プラス」されているのだろうか。

N BOX開発当初から低床の車椅子仕様車を想定

ホンダ 「N BOX +(プラス)」2トーンカラースタイル[ブロンズ&ホワイト]  アルミスロープは3段引き出し式。単体で162cmの長さになる。耐加重は200kg。ホンダ 「N BOX +(プラス)」2トーンカラースタイル[ブロンズ&ホワイト] アルミスロープ(オプション)装着車

N BOXシリーズは、実は開発段階から車椅子の乗り込みも可能な後部低床仕様(つまり「N BOX+」)を前提に設計が進められたのだそうだ。

大きな販売台数を見込めない(販売台数トップの「ダイハツ タント」ベースの車椅子仕様でさえ2000台/年)福祉車両を、コスト上乗せの改造車で造るより、いっそ車椅子から小型バイクや「ピアンタ」(ホンダのミニ耕耘機)さえも積めてしまう、実用性の高い1台の軽自動車として造ってしまおう、という発想からスタートしていたのだという。この発想力はいかにも「ホンダイズム」という感じ。

低い床ながら4WDのラインナップがあるのも、センタータンクレイアウトの成せる技だ。日本海側の広い地域や東北・北海道などの降雪地域では4WDの需要が非常に高いだけに、これもライバルに対して大きなアドバンテージとなるだろう。

ホンダ N-BOX+ 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX+ の関連記事

ホンダ N-BOX+の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX+ の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX+ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円