最短記録で100万台を販売! ホンダ 初代N-BOXが大ヒットした理由とは

画像ギャラリーはこちら
2011年12月に発売されたホンダの軽自動車「N-BOX」は、デビュー早々大ヒット作となり、その後も軽自動車の年間販売ランキングでは常に1位をキープし続けた。間もなく2020年12月24日には、2代目N-BOXのマイナーチェンジも実施される。ここでまず初代N-BOXの歴史を振り返るとともに、その圧倒的な人気の理由について改めて探ってみよう。

今見ても秀逸なデザイン! 初代ホンダ N-BOXを写真でもっと見る[画像63枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ホンダ新世代軽自動車の第一弾として2011年デビュー
  2. デビュー翌年には年間の販売ランキング1位に
  3. 初代N-BOXはなぜそこまでヒットした!?

ホンダ新世代軽自動車の第一弾として2011年デビュー

初代N-BOX※は、2011年秋に開催された東京モーターショー2011会場で、新型軽自動車シリーズ「N CONCEPT」の第一弾として初披露された。

2011年当時、ホンダの軽自動車はライバルのスズキやダイハツに対し強い特徴を打ち出せないまま、販売面で苦戦を強いられていた。そんな状況を打破すべく、ホンダは新世代の軽自動車シリーズを開発。車名には、ホンダ初の量販軽自動車として、1967年に発売した「N360」の名を継承した“N”のキーワードが与えられている。

※当初は「N BOX」表記だったが、モデル途中からN-BOXに変更。本稿は全てN-BOXで統一

「M・M思想」(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)とは

1967年、N360が発表された際の新聞広告には「ホンダ N360はまず客室(キャビン)から設計をはじめました」とのコピーが載せられた。規格サイズが定められている軽自動車だが、その中で最大限のスペースを確保する設計思想を表したものだ。

この考え方は「M・M思想」(マン・マキシマム/メカ・ミニマム:人のスペースは最大に、メカニズムは最小に)として、その後のホンダ車にも取り入れられていった。

新型N-BOXでも、ホンダの原点に立ち返った開発が行われた。プラットフォームを一新し、ガソリンの燃料タンクを後席や荷室の下ではなく、前席下に配置することで客室・荷室の空間を最大に拡げる「センタータンクレイアウト」を採用。エンジンやCVT化されたトランスミッション、サスペンションも全て新設計された。

その結果、ボンネットの長さは従来のホンダの軽に比べ70mmも短くなり、客室のスペースは当時のクラストップの空間となった。いっぽうで、エンジンの補機類を上手く潰したり下部に落とすことでフロント部の衝撃吸収空間もしっかり確保し、衝突安全性能も向上させている点も秀逸だった。

デビュー翌年には年間の販売ランキング1位に

こうして、マン・マキシマム/メカ・ミニマムを具現化させたN-BOXは、東京モーターショー会場でも話題を呼び、その年の終わりには発売が開始された。デビュー早々に好調なセールスとなり、翌年2012年4月には軽自動車の販売台数ランキングで1位に躍り出るほどの人気を集めるようになっている。

2012年7月には、荷室空間をさらに最大化させアウトドアレジャーや福祉車両用途に適合させた派生モデル「N-BOX+(エヌボックス プラス)」を追加。さらに2014年12月には、N-BOXの特徴のひとつであるハイルーフを大胆にカットしロールーフとした若者ターゲットの「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」も新設定され、ますますN-BOXシリーズの勢いは加速していった。

100万台達成までわずか5年の最短記録を樹立

N-BOXシリーズは2012年度(2012年4月~2013年3月)以降、2014年度以外の全ての年で、年間販売台数1位を記録。そしてデビューから丸5年となる2016年12月には、シリーズの累計販売台数が早くも100万台を突破した。

これは、コンパクトカーのフィットが持っていた6年6ヶ月のホンダ最短記録を上回っている。

初代N-BOXはなぜそこまでヒットした!?

さて、ホンダの軽自動車N-BOXはなぜここまで大ヒット作となったのだろう。

初代N-BOXは、全高1770mmと非常に背の高いスーパーハイトワゴンだ。2011年のデビュー当時、ホンダでは「Hondaのミニバンの魅力をそのまま軽サイズに凝縮した」(プレスインフォメーションより)とアピールしていた。後席左右にはスライドドアを備え使い勝手も良好で、ファミリーユーザーを中心に幅広い層から支持を集めている。

ただし、軽スーパーハイトワゴンのコンセプト自体は、2003年登場のダイハツ タントが確立したもの。それ自体は目新しいものではなかった。その後、2008年にはスズキからもパレットが登場するなど、後発のライバル車も出現している。

実用的なサプライズのあるクルマ

国内の新車販売事情に精通するカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏は、ホンダ N-BOX大ヒットの要因として『N-BOXには“実用的なサプライズ”があった』と独自の表現でヒットの理由を分析する。

具体的にはこうだ。N-BOXは、そのシンプルで真四角な見た目からして『わ、広い! 大きい!』『使い勝手が良さそうだ』と感じさせる。

N-BOXは軽自動車なのに、便利でお得なクルマなんだろうな…見た者にそう印象付ける、“実用的なサプライズ”のパワーがあったという訳だ。しかも、ママ向けにかわいらしくデザインされていたタントなどのライバル車に対し、男性が乗っても恥ずかしくない堂々としたスタイリングであったことも大きかった。

ホンダ既存ユーザーの代替需要を一手に引き受けた!?

他方で渡辺氏は『その当時、ホンダのラインナップでコンパクトカーのフィット以外に売れているクルマがなかった』点も指摘する。かつてホンダを支えていたシビックやアコードといった主力モデルも、2011年頃にはすっかりパワーダウンし、魅力を失いかけていた。こうしたホンダユーザーからの代替需要をフィットと共に一手に引き受けたことも、大ヒット要因のひとつだという。

確かに初代N-BOXは大ヒットしたが、ライバルのダイハツ タントもその後を追う販売台数を記録し続けている。タントがフルモデルチェンジを実施した翌年の2014年には、軽No.1の称号も奪還したほどだ(翌年2015年にはN-BOXが再び1位に返り咲いている)。N-BOXの爆発的な販売増により、軽スーパーハイトワゴンの市場自体をさらに拡大させたということになる。そんなN-BOX販売台数増の裏には、自社銘柄からの乗り換えも少なからず含まれていたのだった。

そんなホンダの初代N-BOXの勢いは、2016年に100万台を達成した後も全く衰えを見せず、2017年のフルモデルチェンジまでそのまま走り切った。そして現在も2代目N-BOXは2015年以来連続で年間No.1の記録を維持し続けている。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
144.7万円234.1万円
中古価格:
22.8万円285万円
ホンダ/N-BOX+
ホンダ N-BOX+カタログを見る
新車価格:
136.5万円196.5万円
中古価格:
35万円195.8万円
ホンダ/N-BOXスラッシュ
ホンダ N-BOXスラッシュカタログを見る
新車価格:
144.8万円195.6万円
中古価格:
56万円191.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる