autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~

新型車リリース速報 2016/2/24 18:39

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~

関連: ホンダ Text: オートックワン 編集部
ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~

新型車開発に集中できる体制づくりを推進

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]

2月24日、東京・青山のHonda本社で、本田技研工業の八郷 隆弘 代表取締役社長 社長執行役員が記者会見を行った。

今回の会見では、2015年6月の社長就任時に語られたホンダが取り組むべきテーマ『グローバル6極体制の進化』『Hondaらしいチャレンジングな商品の開発』について、特に4輪モデルに特化したかたちで具体的な方針が示された。

社長就任後、1ヵ月半をかけてホンダの各事業所20拠点を回ったという八郷社長は、4輪モデルの開発を担当する本田技術研究所や生産の現場でプロセスが複雑化し、工数や負荷の増加がみられたと話す。

今後は開発者たちがより「開発に集中」できる環境づくりを推進させるため、4月1日付で大きく組織変更を実施する。

よりホンダらしい個性の発揮がブランド力や収益性も高めてくれる

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]

具体的には、商品企画開発、車両評価、デザイン統括(ホンダ部門及びアキュラ部門)など各部門に責任者を配置。

併せて生産、購買、品質、サービス、営業の各部門においても役割責任を明確化した。

意思決定のスピードを早めたシンプルな組織を目指すとともに、「一気通貫」の開発体制づくりを改めて整備する。

八郷社長はこれらの抜本的な改革によって、今後登場する新型車において、よりホンダらしい個性が強く発揮され、ブランド力や収益性も向上するとした。

気になる日本市場の今後は

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]

会見では、グローバル市場におけるホンダの4輪生産体制についても触れられた。ここでその全てをご紹介すると長くなってしまうので、日本市場の動向に限ってお伝えする。

東京モーターショー2015で披露された次世代燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエル セル」だが、いよいよ2016年3月からの発売を目前に控えている。

またコンパクトミニバン「フリード」のフルモデルチェンジについても、2016年中の実施を予定する。

さらに北米で発売を開始し、さっそく現地「北米カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞した新型「シビック」(セダン)についても、早期の日本市場導入を検討する。実現すれば久しぶりの復活となる。

なおガソリンエンジンのニューモデルについては、新開発されたダウンサイジングターボエンジンが搭載される見込みだ。

ホンダではこうした高効率で環境負荷の少ないダウンサイジングターボの展開に加え、今後さらに電動化技術の導入も強化。プラグインハイブリッド車を中心にグローバルでの展開をすすめ、2030年には販売台数の2/3をFCV・EV・PHV・HEVなどに置き換えていくとした。

国内90万台半ばの生産体制を目指す

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]

日本の生産体制だが、国内向けに加え、北米や欧州の生産拠点における需給バランスに対応し、グローバルへ供給出来る体制を再構築する。

具体的には、世界で人気モデルとなっている「CR-V」について、北米向けモデル(主にアメリカおよびカナダで生産)の一部を、需給状況に応じて日本からも輸出するほか、欧州向けモデルを生産する計画とした。また北米向けシビックの一部生産などについても検討。

国内向けモデルの強化とともに、90万台半ばの生産体制を目指す。

ホンダの原動力は「The Power of Dreams」!

ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]ホンダ 八郷社長が会見 ~新体制でHonda車が変わる!?~[2016/02/24 Honda社長会見]

八郷社長は会見の終わりに『Hondaはお客様の生活、そしてライフスタイルが、より良いものに変わっていくような価値の創造を目指します。そのために、私たちの原動力となるのは、「The Power of Dreams」です。

「夢の力を原動力に」という想いを、Hondaに関わる全員が常に心に留めながら、様々な現場で一丸となって「チームHonda」の力を最大限に発揮し、取り組んでいきます。』と、改めて新体制での強い意気込みを語った。

また会見では2016年のF1参戦体制についても言及。八郷社長は、2月23日に発表された新体制のもと、着実に一歩一歩前進すると宣言。今期はまず予選10位以内で決勝に臨むところからだ、と控えめに語った。

[レポート:オートックワン編集部]

筆者: オートックワン 編集部
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28