autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダの技術開発トップが「F1担当」に!2016年シーズンのホンダF1はどう変わる?

自動車評論家コラム 2016/2/23 17:51

ホンダの技術開発トップが「F1担当」に!2016年シーズンのホンダF1はどう変わる?

関連: ホンダ Text: 国沢 光宏
ホンダの技術開発トップが「F1担当」に!2016年シーズンのホンダF1はどう変わる?
マクラーレン・ホンダF1(2015)

2月5日時点のニュースでも「ホンダF1指揮官交代」を報じたけれど、ホンダF12016年シーズンの正式な人事が本日15時49分に発表された。

本日発表のプレスリリースによれば「(株)本田技術研究所にて開発・製造・運営等の領域全般を担うF1プロジェクト総責任者には、新井康久に代わって長谷川祐介が就任いたします」。

F1関連人事、新井氏の交代だけに留まっていない。まず今まで明確にされていなかった『F1担当』が新設された。このポジション、驚くことに4月1日付けで本田技術研究所社長となる松本宜之氏である。

ホンダの技術開発を率いるトップ自らF1を担当するということ。ホンダの強い意志の表れだ。

それだ