autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ アコード&アコードツアラー 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2009/1/13 18:09

ホンダ アコード&アコードツアラー 試乗レポート(4/4)

ホンダ アコード&アコードツアラー 試乗レポート

賛称する点はシートの質感

ラゲッジアレンジ

ハンドリングのシャープさやコーナーリング中の安定性もFFを知り尽くしたホンダならではの印象は予想通りだが、あらゆるシチュエーションで軽量なクルマに乗っているかのように身のこなしが軽い。先代モデルに対してサスペンションの設計でロール剛性を上げていて、その分ダンパーの動きをスムーズな方向にすることでシャキッとしたハンドリングのまま乗り心地も良くなっている。

また、エンジンのマウント位置を下げていることで重いトランスミッションの位置も下がり、さらにエンジン及びミッションマウント方法をモディファイして、コーナーリング中のエンジンの動きをコントロールしている。これらが相乗してノーズヘビーな印象を感じなくなった。

インテリアでは視認性と操作系を中段にまとめるなど使い勝手が良い。さらに、シートのフィーリングもフィット性と質感が高く、シビックタイプR以降、最近研究に力を入れている成果が出ているといえるだろう。また、新型オデッセイで成功したAピラーを細くして視界を上げる手法も良好で、フラットなダッシュボードアッパーにより+80mmの車幅を感じさせず全体の見切りも良い。

他に、使い勝手を考えた親切設計も多く、コンソール両サイドに携帯電話などが置けるサイドユーティリティポケットはユニークで使いやすい。ツアラーの荷室はリヤシートを倒してフルフラットが可能で、床下収納を設けているので目立たせたくない荷物を隠すことができる。セダンはトランク開口下部を80mm下げて積み下ろしが楽になっている。

新型アコード及びアコードツアラーは、スタイリッシュになったことと使い勝手を考慮しつつ、より高級車になったといえるだろう。

サイドビューインパネサンルーフタイヤ&アルミホイール試乗6
筆者: 松田 秀士

ホンダ アコード 関連ページ

ホンダ アコードツアラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ アコード の関連記事

ホンダ アコードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ アコード の関連記事をもっと見る

ホンダ アコード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円