2023年に発売される北米向けホンダ 新型アコードがついにお披露目! 日本仕様の発売も予告された!【2022年】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:本田技研工業
画像ギャラリーはこちら
ホンダは2022年11月11日(金)、北米で2023年年初に発売を予定している新型アコードを発表しました。北米以外の世界各国でも発売を予定しており、日本での販売も予定されています。

装備や仕様は各地域で異なりますが、先に発表された北米モデルのスペックをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型アコードはハイブリッドとガソリンの2種類のエンジンタイプを用意
  2. 新型アコードのデザイン
  3. 新型アコードのインテリア
  4. 新型アコードのエンジン、先進安全装備
  5. 新型アコードの日本仕様はどうなる?

新型アコードはハイブリッドとガソリンの2種類のエンジンタイプを用意

北米では11代目となる新型アコードは2モーター式ハイブリッドシステムを採用し、最新の安全運転支援機能を搭載したミッドサイズセダンです。北米向け新型アコードはハイブリッド、ガソリンを問わず、すべてアメリカ合衆国オハイオ州メアリズビル工場で生産されます。

新型アコードのデザイン

新型アコードのエクステリアは長くすっきりとしたボディラインにシャープなグリルとブラックアウト化されたLEDヘッドライトが力強い顔つきが特徴的です。全長に対して後ろ寄りに配置されたキャビンと傾斜したリアピラーにより、伸びやかで動きのあるシルエットを表現しました。流麗で洗練された新しいスタイリングを採用しています。

また、従来のアコードよりも全長を約70mm伸ばし、リアのトレッドも約10mm広くしたことで幅広く安定感のあるスタイリングを実現、伸び伸びとしたデザインとなりました。

新型アコードのインテリア

新型アコードのインテリアはスポーティでモダンなデザインとしました。中でも特徴的なのはDセグメント(全長約4.6m~4.8m)クラスの中でも高い乗員空間を作り上げたことです。開放的なキャビンやノイズの少ない優れた前方視界が広がります。統一感のあるコーディネートに上質な仕上げを施し、心地よくくつろげる空間を提供します。

また、新型アコードにはホンダ独自の表示機能を持つ10.2インチのデジタルメーター・パネルを標準装備しています。ハイブリッドモデルにはホンダ史上最大となる12.3インチのタッチスクリーンを設けました。

さらに、新型アコードの最上位グレードにはホンダとして初採用となる車載向けコネクテッドサービス「グーグルビルトイン」を搭載し、車内で使用するさまざまな機能がシームレスに操作できるようになります。

たとえば、ナビゲーションや交通情報のアップデート、音声操作によるエアコンの温度設定などが可能です。またOSやアプリなどのソフトウェア更新はOTA(Over the Air:無線通信でデータを送受信すること)でできます。

新型アコードのエンジン、先進安全装備

新型アコードのエンジンは2.0Lハイブリッドモデルと1.5L直4ターボモデルを用意します。ハイブリッドモデルには駆動用モーターと発電用モーターを搭載した2モーター式ハイブリッドシステムの改良とともに、新型2.0Lエンジンを採用したことで、よりパワフルな走りを実現しました。さらにハイブリッドモデルには走りのカスタマイズが可能なインディビジュアルモードを新たに設定しています。

1.5L直4ターボエンジンモデルには無段変速機(CVT)の騒音や振動を低減させるとともに、CVTの制御を洗練し、ドライバーの意思に寄り添う爽快な走りを提供します。

新型アコードでは安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備としました。また、ホンダセンシングのシステムも刷新しています。新たに視野角90度のカメラと視野角120度の広角レーダーを採用。検知範囲を広げたことで車両や歩行者だけでなく、自動車や二輪車に対しても認識能力を高めました。

また、白線や縁石などの道路の境界線、道路標識などの認識能力、アコードとして初となる渋滞運転支援機能を追加し、衝突防止性能も向上させています。

新型アコードの日本仕様はどうなる?

新型アコードは日本での発売も予定されています。日本でセダンタイプのモデルは減少傾向にありますが、トヨタ 新型クラウンや日産 スカイラインなどのライバル車は新しいデザインや機能、装備を設定し、注目を集めています。新型アコードの日本仕様はどのようなモデルになるのか楽しみです。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:本田技研工業】

ホンダ/アコード
ホンダ アコードカタログを見る
新車価格:
465万円465万円
中古価格:
44.9万円514.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ アコードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ アコードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ アコードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ アコードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ アコードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる