autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低重心ミニバン3列シート車 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/11/9 18:14

低重心ミニバン3列シート車 徹底比較(2/4)

低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

「saloon's Future」がテーマ

フロントスタイルリアスタイル

「マークX」の名が付くジオだが、クルマとしての成り立ちは、マークXとは別のところにある。内外装の上質感や洗練された走りなど、マークXのイメージを受け継いだ派生モデルということのようだ。

プラットフォームはブレイドをベースに80mmロングホイールベース化したもので、つまりFFレイアウトのシャシーをベースに、リアをダブルウィッシュボーンの独立懸架としたものである。

パワートレインはブレイドと共通で、2.4L直4+CVTと、3.5L V6+6速ATという2種類が選べ、2.4L車には4WDが設定される。

2.4L車でも動力性能そのものに大きな不満はない。また、これまでトヨタの同じタイプのCVTを搭載するモデルに比べ、ジオではいくらか洗練が進んで違和感が薄れたように思えた。また、静粛性もそこそこ高い。

足まわりは、パワートレインおよびタイヤサイズの違いから、計4つの設定があるが、18インチ仕様ではいくぶんスポーティなハンドリングを追求している。

ドライブフィールは快適そのもの。ボディ剛性が高く、それに合わせて適切にチューニングされたサスペンションによって、不快な振動が起こりにくくなっている。

ただし、クルマのキャラクターからすると、ステアリングの中立から切り始めのヨーの立ち上がり方に少し唐突なところが認められた。後席の乗員に不快な思いをさせないため、もう少しマイルドになっているか、切り始めの動きに一体感を与えて欲しいところである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ミニバンを感じさせないルックスと走り

フロントスタイルリアスタイル

昨年夏にマイナーチェンジし、もともとスポーティなルックスに、メッキパーツを多用するなどし、より煌びやかなイメージとなった。

このクルマを見て第一印象として感じるのは、やはり車高の低さだ。全長がけっこう長いので、相対的にさらに低く感じられ、スポーティな印象を受ける。

ボディパネルにはショルダーに段差を設けるなどし、アクセントとしている。ちょっとイカツいフロントマスクも、クルマのキャラクターに合っている。とくにアブソルートであれば、このくらいの演出があっていいと思う。

アブソルートには18インチタイヤと強化された足まわりが与えられる。ハンドリングは、ほとんどスポーツカーと対等に語れるレベルに達している。少々固いとか跳ねるといった印象も残るが、ずいぶん洗練されて快適性もアップし、あまり悪い部分が気にならなくなった。

今回の中でも最強スペックとなる、200馬力の2.4Lのi-VTECエンジンは、5速ATとの組み合わせとなり、非常にパワフルだ。アブソルート以外のオデッセイは160馬力のi-VTEC+CVTとなるが、それと比べても明らかにフィーリングが異なる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

あくまでもミニバンらしく

フロントスタイルリアスタイル

プレマシーも、全体のスタイリングテイストはどちらかというとシンプルで、テールランプのリフレクターなど灯火類を煌びやかにするなど、スポコンっぽいイメージを与えている。フロントマスクは、ややデミオにも通じるフラッシュサーフェイス化したようなマスクとなった。マツダ車らしいスポーティなアイデンティティを持っている。

ホイールもそうだし、エアロパーツも付く。車高こそ少し高めながら、低重心ミニバンというよりもスポーツワゴンという感覚に近い。

全体のフォルムからすると、一見スライドドアに見えないようデザインされているが、実際にはかなり開口部の大きなスライドドアを持つ。

プレマシーのメインは2種類の2Lエンジンだが、165馬力のMZR2.3Lエンジンを搭載する23Sでは、このボディには過剰といえるほどのパワーがある。フラットで太いトルク特性により、余力あるドライビングを楽しめる。

マツダらしく、前が「-」、後ろが「+」となっているATシフトノブを駆使して操ると、レスポンスよく変速してくれる。5速化されたことで、燃費面の改善も期待できる。

ステアリングはゲインが高めのスポーティな味付け。ハンドリングは、上の2台に比べるとやや重心が高い感覚があるが、軽快感にはもっとも勝る。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

デザインテイストの先進性でいうと、マークXジオがだいぶ先を行ったように思える。車高の低さに対し、オデッセイはボディが長い。2台に比べてやや車高の高いプレマシーは、スポーティな中にミニバンらしさが残る。オデッセイは、ミニバンもここまでスポーティにできるということに意地をかけたほどの走りを見せる。オデッセイの影に隠れがちだが、プレマシーのスポーティな走りも、かなりのものである。マークXジオは、とくに18インチ仕様車はいくぶんスポーティに仕上げられているが、あくまで後席乗員の快適性にプライオリティを置いていることがうかがえる。

トヨタ マークXジオ 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークXジオ の関連記事

トヨタ マークXジオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    3台比較

    低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    「マークXジオ」とネーミングされた新型車が登場した。このモデルは、2005年の東京モーターショーに出展された「FSC」のコンセプトをそのまま....

  • トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    “新・大人関係”4+Freeという提案子育ても終わり自らのために割ける時間も増えたので、アルファードやエスティマのような大きなミニバンはもう....

  • トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    トヨタが想像した新型自由サルーン登場 マーク・ブランドに初のミニバンスタイルのキャビンが誕生した。トヨタは26日、セダン、ミニバン、ワゴンと....

トヨタ マークXジオ の関連記事をもっと見る

トヨタ マークXジオ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20