autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産Cセグハッチバック 徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/3/11 20:04

国産Cセグハッチバック 徹底比較(4/4)

国産Cセグハッチバック 徹底比較

エコだけでなくスポーティにも磨きをかけた

マツダ アクセラマツダ アクセラ

今となっては、あまり大きな問題ではないが、まだ日本のユーザーの意識において、5ナンバーか否かへのこだわりが大きかった時代に、いち早く5ナンバー枠に捉われずに登場したのが初代アクセラだった。

やがて他メーカーからも、こうしてインプレッサやオーリスのような3ナンバーの国産Cセグ車が出てきたわけで、アクセラのあり方は時代を先取りしたものだったといえる。

モデルチェンジした2世代目は、まさにキープコンセプトで、機構的にもキャリーオーバーし、初代のよさをそのままに、アップデートしたクルマに成長した。デザイン面でのまとまりもよく、新しいセンスを感じさせる。

その中で、「i-stop」という武器を身につけたことが大きい。ただし、「エコ」一辺倒ではなく「スポーティ」にもさらに磨きがかけられたところもアクセラの本質の部分といえる。

そんなアクセラの本命は、やはり今回の20Sグレードのような、「S」の付くモデルだろう。

4WDメインのラインアップの強み

スバル インプレッサスバル インプレッサ

車名こそ従来のセダン/ワゴンの時代と同じものの、ハッチバックがメインのクルマに大胆に生まれ変わった現行インプレッサだが、それもすでに板についた印象だ。

スバルの主力モデルの一角をなし、車種体系において、WRX系やそれをさらに発展させた限定車もあれば、1.5リッターのベーシックモデルもあり、そのベーシックモデルの中でもスポーティ版が選べるなど、ラインナップが非常に豊富であるところもインプレッサの特徴だ。

そして、車種全体を通して4WDがメインとなっていることも大きな特徴。一般的にひとつのモデルで2WDと4WDが選べる場合、4WDでは欲しい装備が選べないとか、トランスミッションが旧世代であるなどメカニズム面でのデメリットがあるケースが多いのだが、スバルの場合はまったくそんなことはない。

また、イメージ的にも4WDが何の抵抗もなく選べることもアドバンテージといえるだろう。

そして、インプレッサの豊富な選択肢のある中で、今回の2.0i-Sというグレードは、価格とバリューのバランスがとても高いように感じられた。

走りのイメージをあらためてアピール

トヨタ オーリストヨタ オーリス

下に(まもなくモデルチェンジを迎えるであろう)ヴィッツがあり、オーリスはそのヴィッツの兄貴分という捉えられ方もしているが、実際にはだいぶ違うクルマである。

むしろ日本国内においては、ブレイドの存在がオーリスの位置づけをわかりにくくしている部分もあるという気もしなくないところだが、もともとデビュー当初に「直感性能」キャッチフレーズとしたクルマであり、さらにここへきてMTを追加するなど、走りのイメージをあらためてアピールしているようだ。実際、それに見合うポテンシャルはあると思う。

また、今回のRSグレードは、MTのみの設定とやや特殊な位置づけだが、その他のモデルでもオーリスの欧州で鍛えられたという走りの実力の片鱗は垣間見ることができる。

ただし、RSの専用サスペンションがなかなかの味を出している。この足まわりをその他のグレードでも選べるといいのではと感じたほどである。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサハッチバック 関連ページ

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18