autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新高級ミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/6/20 20:58

最新高級ミニバン 徹底比較(2/4)

最新高級ミニバン 徹底比較

力強く先進的な外観と洗練された走り

フロントスタイルリアスタイル

アルファードの姉妹車として登場したヴェルファイアは、アルファードの「上品」に対し、こちらは「力強さ」と、方向性が差別化されている。2段積みヘッドライトや、大きなグリルによる押し出しの強いフロントマスク、そしてクリアテールレンズを与えるなど、若い男性ユーザーが好みそうなルックスである。取材車両の3.5Z“Gエディション”はエアロ系グレードで、スタンダードモデルよりもスポーティイメージが強調されている。

現行エスティマと共通となったパワートレインは、3.5L V6+6速ATと、2.4L直4+CVTという組み合わせで、全グレードでFFと4WDが選べる。

すでにトヨタの多くの上級車種に搭載されている3.5Lの2GR型ユニットは、全域トルクフルで、高回転域でも軽やかに吹け上がり、滑らかなフィーリングを持つ。その洗練ぶりは、評判の高いホンダの3.5L V6をもしのぐものがある。

静粛性もかなりのレベル。空力を追求し、遮音・吸音材の採用部位を増やし、フロントウインドウの合わせ目にも新たに吸音材を採用するなど、高度な技術を用いており、それらが確実に効いていると思う。

走行性能全般も改善されており、低床化が効果を発揮している。初代よりも足まわりが固められ、ロールを抑えた乗り味となった。しかも、ボディ剛性の向上やブッシュ硬度の最適化などにより、乗り心地は悪くない。たとえば現行エスティマに比べても、後席の快適性はだいぶ上となっている。

ブレーキについても、前後バランスが適正化されたことで、4輪で制動する感覚となり、コントロール性も向上している。人を乗せるミニバンとして、ありがたい進化である。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

後輪駆動ならではのアドバンテージ

フロントスタイルリアスタイル

登場から時間が経過しており、直線的で平面基調のスタイルには、今見るとボディサイドをはじめ全体のグラフィックが、あまりに直線、平面基調で、いささかシンプルすぎるように思えなくもない。古さを感じるところではあるが、堂々たるボディサイズとスタイルは、やはり見栄えする。

2007年10月の一部改良により、ハイウェイスターのフロントグリルのセンターにボディ色が配され、2段構造となった。また、ボディカラーに新色のブリリアントシルバー、ブレードシルバー、写真のディープカシスなどが設定された。

ドライブフィールは、フロアが高くアイポイントが高いため、コーナリングの姿勢も、ドライバーがかなり高い位置にいて、実際以上にロールしているような感覚を生む。たっぷりとしたストロークのある足まわりは、乗り心地の上ではいいのだが、ステアリング操作によるロールの出やすさや、アクセルとブレーキ操作でも、姿勢が変わりすぎるきらいはある。重心が高くなるのは、FRレイアウトだと、機構的にどうしようもないという部分もあるが、メリットもある。3.5L V6が押し出す加速感がこのクルマの特徴であり、大きな魅力のポイント。FRでアクセルを踏んだときに後から押し出されるような感覚がある。また、FRなので前後重量バランスが良くなっているので振動の感じがちょうどいいと思う。

足まわりはソフトで、3列目まで全席とも快適な乗り心地を実現しているのもこのクルマの良さである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

走りを最優先すればやはりこれが本命

フロントスタイルリアスタイル

このクルマの外観は、決してデザイン性に優れているとはいえないが、インパクトは大きい。ギョロッとしたヘッドライトや大きなグリルのフロントに、赤い部分を横一文字に太く通したリア。足元にはディッシュタイプの大径ホイールを履き、マフラーはデュアルテールを左右から計4本を出すなど、わかりやすく、かなり派手な印象を意図的に与えている。

ただし、ノーマルなエリシオンのフォルムに、こうした派手なパーツを付けたため、まとまりが悪い部分もなくはないが、ミニバンだからこそ、こうしたテイストもあっていいのではとも思う。

ドライブフィールは、あらためて乗っても、ミニバンとしては驚くべきものがあると感じられた。新型アルファードのさらに上をいく低重心とワイドトレッドの感覚は、乗用車と比べても「スポーティ」と感じるほどのハンドリングを示す。運転手にとっては、これほど走りを楽しめるミニバンは他にない。

反面、足まわりの固さは、2列目、3列目に人を乗せることを考えると、正直あまり誉められたものではない。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

こうしてみると、見た目も走りも、3台の個性は全く異なる。今回の3台を並べると、いずれもエアロ系で集めているからか、妙にヴェルファイアが幅広に見え、エルグランドは背高に、エリシオンは低く見える。エルグランドも現行モデルが出たときは相当いかついと感じたが、ヴェルファイアはさらにその上を行くインパクトがある。また、エリシオンだけ補助ミラー無しになっているところも特徴。走りについても方向性はだいぶ異なり、乗り心地とハンドリングのバランスでは、ヴェルファイアが最上といえる。低床化した新プラットフォームの素性はなかなか良い。全車、3.5L V6エンジンを搭載するが、太いトルクで押すエルグランド、高回転型のエリシオンに対し、ヴェルファイアは全域トルクフルで、吹け上がりも良い。

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

日産 エルグランド 関連ページ

ホンダ エリシオン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24