autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティな軽トールワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/11/6 18:00

スポーティな軽トールワゴン 徹底比較(4/4)

スポーティな軽トールワゴン 徹底比較

スタイリングが若年層に受けるはず

パレットSW:走行パレットSW:走行

販売面では先発のタントにだいぶ差をつけられているが、SWが加わったことで、今後はパレットもいくぶん挽回するのではないかと思われる。

従来のパレットのルックスがいまいち好きになれなかったという若年層にとっても、男女を問わず受け入れられるのではないかと思う。

また、ようやく待望のCVT車が用意されたことで、燃費面や動力性能面での向上が期待できることも好要素である。

いうまでもなく両側スライドドアである点が特徴のクルマで、室内の広さは、タントカスタムに比べて、数値面では少し及ばないものの、感覚としては大差ない。選択の際は、広さよりも、両側スライドドアにこだわるか、あるいはスタイリングの好み度で選んでいいだろう。上級装備で差があるのは、シートヒーターとニーエアバッグぐらいである。

むしろ、あらためてパレットのフットワークのよさに好感を持った。

圧倒的に広い室内が魅力

タントカスタム:走行タントカスタム:走行

タントの派生モデルだったはずが、販売比率ではすっかり逆転しており、もはやタントはタントカスタムがメインと考えてもいいほど。ルックス面では、パレットSWに比べると柔らかな印象で、不要にとがった印象もないので、老若男女を問わないクルマとなりえるだろう。

ユーティリティ面でのアドバンテージは、いうまでもなく助手席側のセンターピラーをなくしたことで得られる大開口にある。そして、室内空間は、寸法の数値だけでなく、実際にパレットSWよりもだいぶ広く感じられる。圧倒的に広い室内を求めるのであれば、これに勝る選択肢はない。

走りには、普通に流すぶんには、乗り心地も快適に味付けされているし、長距離走行でも疲労感は小さいところはよい。反面、ドライビングプレジャーらしきものは感じられず、そこにはあまり期待できない。

装備面での充実度は、ダイハツらしくライバル勢を一歩先んじているところがタントカスタムの強みだ。

クルマとしての素性のよさが光る

ゼストスパーク:走行ゼストスパーク:走行

先代ライフの派生的モデルであり、ゼストは本来、ワゴンRやムーヴの競合車であるところを、こうして今回、上記2台に対して不利を承知で持ち込んだわけだが、これで十分とあらためて感じたのが正直なところではある。そういってしまうと元も子もないのだが、むろん上記2台ほどの広々感は得られないことは当然として、とくに装備に飛び道具はないものの、これで不満があるかといえばそうでもない。むしろ、パッケージングで無理をしていないことで、走りのよさが確保されている。それだけはどうやってもクルマの素性の部分であるから変えることはできない。

また、現行ライフに対しても、ジェネレーションでいうと一世代前となるゼストのほうが完成度が高いことをあらためて痛感した次第である。

それもあってかどうかはさだかではないが、発売当初こそそこそこ伸びてゼストに差をつけたライフの販売台数だが、なんと2009年7月には逆転してしまったという事実もあるほどだ(7位ゼスト5,027台、8位ライフ4,926台)。

またゼストは、平成18年度の自動車アセスメントにおいて、軽自動車として初めて、衝突安全性能総合評価で、最高の6スターを獲得したことも特筆できる。

スズキ パレット 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

ホンダ ゼスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ パレット の関連記事

スズキ パレットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ パレット の関連記事をもっと見る

スズキ パレット の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22