autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~ 4ページ目

3台比較 2015/10/27 18:32

キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~(4/4)

関連: ダイハツ キャスト , スズキ ハスラー , ホンダ N-ONE Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志
キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~

走行安定性と乗り心地のバランスが良好

ダイハツ キャスト アクティバ ボディカラー:フレッシュグリーンメタリックダイハツ キャスト アクティバ ボディカラー:フレッシュグリーンメタリック

キャスト アクティバのエンジンは、ライバル2台と同様、ノーマルタイプとターボがある。ノーマルエンジンは4,900rpm前後から吹け上がりが活発になるので、もう少し実用回転域の駆動力を高めたい。

その点、ターボは当然ながら力強い。2,500rpm付近から過給効果が感じられ、軽自動車の低いギヤ比では走行中は常にターボが利いている印象だ。

ちなみに装備差を補正してターボ単体の価格を割り出すと約9万円になる。価格は妥当だから積極的に選ぶと良い。最大トルクはノーマルエンジンの154%に増強され、燃費数値は10%程度しか悪化しないから効率が高い。

走行性能で注目されるのは、走行安定性と乗り心地のバランスだ。最低地上高に余裕を持たせながら、ハンドルを切り込んだ時に唐突にボディが傾く不安感を抑えている。操舵に対する反応も自然で、峠道を走っても旋回軌跡を拡大させにくい。後輪の接地性も高く安心感がある。

乗り心地は適度に柔軟。2WDは前後輪にボディの傾き方を制御するスタビライザーを装着して(4WDは前輪のみ)、足まわりの動きを上手にコントロールしている。

キャスト アクティバはタイヤを含めて新開発したが、内外装の質感を高めたキャスト スタイルはムーヴRSの足まわりとタイヤを流用したため乗り心地が硬い。操舵感が機敏ではあるが、スタイルの上質な内外装にはマッチしない味付けになっているので、キャストのおすすめモデルは断然アクティバ。後席の座り心地や荷室のアレンジ機能に不満がなければ、快適に使えるだろう。

外観のデザインはハスラーの後追い的な印象を拭えないが、前述の走行性能、充実した安全装備などキャストアクティバの優位点も少なくない。

ダイハツ キャストの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

軽いボディを生かした少し機敏な運転感覚が特徴

スズキ ハスラー ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフスズキ ハスラー ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

ハスラーではターボを備えていないノーマルエンジンでも、さほど力不足を感じない。ライバル2台に比べて実用回転域の駆動力が高く、車両重量が40kgほど軽いからだ。

それでも登坂路の多い地域のユーザーは、動力性能が高いターボを検討すると良い。装備の違いを補正して、ターボの価格は8万7,000円くらいに換算されるので、価格差は妥当だ。

ただしハスラーの場合、現時点ではSエネチャージがノーマルエンジンにしか採用されていない。ワゴンRではターボのスティングレーTにも搭載されるから、ハスラーでターボを選ぶなら変更を待つのが得策だろう。Sエネチャージは、燃費の向上に加えてアイドリングストップ後の再始動も静かになるから快適性も向上する。

ハスラーの走行安定性は悪くないが、スズキ車の特徴としてハンドルを切り始めた時の反応が少し曖昧だ。直進時に路面のウネリなどを乗り越えた時、進路を乱されにくい面もある。

また電動パワーステアリングは、ハンドルを切った後に直進状態へ自動的に戻ろうとする力が弱めだ。運転に不都合はないが違和感が生じる場合があるので、購入するなら試乗した時に確認したい。

乗り心地は低速域で揺すられ感が伴う。最低地上高に余裕を持たせたから足まわりは硬めの設定になったが、車両全体の動きをもう少しマイルドにして良いと思う。もっとも表現を変えれば、スポーティな雰囲気を味わえる。ハスラーは外観、内装ともにアクティブなデザインだから、クルマの個性に合った運転感覚ともいえるだろう。

前述のように、ハスラーは居住性が優れ、シートアレンジも多彩。クルマを遊びのツールとして使いたいユーザーに適している。実際にはワゴンRと同じ使い方をしても、出かけるのが楽しくなりそうだ。

スズキ ハスラーの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

割安なターボの採用と相まってセダン感覚を強めた

ホンダ N-ONE ボディカラー:プレミアムイエロー・パールIIホンダ N-ONE ボディカラー:プレミアムイエロー・パールII

N-ONEの場合、ノーマルエンジン搭載車の動力性能は軽自動車の平均水準。ボディはハスラーよりも重いが、キャスト アクティバに比べると実用回転域の駆動力が高い。

またN-ONEではターボの運転感覚が力強い。最大トルクは10.6kg-mとライバルの2台よりも強力で、発生回転数は2,600rpmと低い。発進直後からターボが効果を発揮して、最大トルクの数値はノーマルエンジンの161%に達する。その一方で燃費は10~16%の悪化に抑えているから高効率だ。

そして、ホンダのターボは全般的に価格が割安。N-ONEの場合、装備の違いを補正すると6万5,000円でターボが装着される。

走行安定性は、標準ボディのGとG・Lパッケージにはフロントスタビライザーが装着されず、ボディが少し唐突に傾く印象がある。

一方、標準ボディでもターボのツアラー、上級シリーズのプレミアムでは、スタビライザーの採用で傾き方が制御される。乗り心地は少し硬いが、適度な重厚感が伴って快適だ。15インチタイヤ装着車は硬さが目立つが、14インチタイヤ仕様であれば快適に運転できる。

N-ONEはライバル2車に比べて後席の居住性やシートアレンジが乏しいが、外装パーツに頼らずにボディの基本スタイルで個性を演出している。内外装も上質で、軽自動車であることをあまり意識させない。前述のようにセダン感覚の軽自動車である点は、クルマ好きには魅力だろう。

一方、ハスラーはSUVのイメージが濃厚だ。外観から汚れを落としやすい荷室まで、遊びのツールに仕上げた。ディーラーオプションには、車中泊で便利に使えるベッドクッション、プライバシーシェードなども用意する。

そしてキャストアクティバは、ハスラーとN-ONEの中間的な存在。SUV感覚でありながら、乗り心地と走行安定性のバランスが良い。先進の安全装備も注目される。

今回取り上げた3車種は、いずれも個性のある背の高い軽自動車だが、ターゲットとするユーザーがそれぞれ異なる。これから軽自動車は、ますます人気を集めることになりそうだ。

ホンダ N-ONEの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

ダイハツ キャスト 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23