autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~ 3ページ目

3台比較 2014/5/1 15:19

【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~(3/4)

【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~

3列目の居住性はミニバンのトップレベルを誇る、さらに床下格納で広い荷室も確保

ホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EXホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EX

インパネは水平基調で広がり感があり、エアコンのスイッチはATレバーの左脇に配置。ドライバーとの間隔は少し離れるが、比較的扱いやすい。1列目シートはサイズに余裕があり、肩まわりのサポート性も良い。

2列目は、アブソルートEXにはセパレートタイプの「プレミアムクレードルシート」を装着。背もたれを後方に倒すと座面の前方が持ち上がり、体がシートにスッポリと収まる。オットマンも持ち上げると、リラックスした姿勢を取れる。背もたれの上側を前方に折り曲げる機能も付き、寝かせた状態でも前方を見やすい。

快適なシートだが、背もたれを立てた状態でも座面の前側が持ち上がり、小柄な同乗者は大腿部と膝の裏側を押された印象になる。身長が165cm以上であれば快適だが、少しクセの伴う座り心地なので注意したい。

3列目は低床設計の効果で、床と座面の間隔に不足はない。座面の前方を少し持ち上げたから大腿部も離れにくい。3列目の居住性はミニバンのトップレベルで、ワゴン風の先代型に比べると大幅に快適になった。

この3列目には床下格納を採用。格納された状態では広い荷室になり、荷室の床面地上高も525mmと低いから荷物を積みやすい。

装備は「あんしんパッケージ」として、時速5~30kmで作動する自動ブレーキを伴った衝突回避の支援機能が標準装着され、サイドカーテンエアバッグも備わる。

そして7万5600円を加えれば、衝突回避の支援機能を赤外線レーザー方式からミリ波方式に切り替え、作動速度域を広げることも可能だ。車間距離を自動制御するクルーズコントロールも加わる。

■ホンダ オデッセイの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EXホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EXホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EXホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EXホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EX

Lサイズセダンを思わせる上質な内装と快適な2列目シート

日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム

運転席に座った印象は、ライバル2車とはかなり違う。インパネの上端やサイドウインドーの下端が高く、Lサイズセダンを思わせる。囲まれ感はあるが、前方や側方は見にくい。ミニバンはドライバーの視線が高いため、囲まれ感を強めると視界が妨げられる。

インパネの造りはていねいだ。いかにも「木目調」という光沢のあるパネルだが、艶っぽく仕上げた。エアコンのスイッチは視線を少し落として操作するが、不満はない。

1列目のシートは適度に柔軟で、サイズに余裕を持たせた。リラックスできる座り心地だ。

2列目は、250ハイウェイスタープレミアムの場合、セパレートシートのみの設定。オットマンを持ち上げた時に着座姿勢を安定させる目的もあり、座面の前方を大きめに持ち上げた。前端部分はさほど硬くないが、小柄な人を同乗させるなら座り心地を確認したい。それでもシートは大きくて座り心地は快適だ。

3列目は、床が高めで天井は低いため、床と座面の間隔が不足する。シートの造りは悪くないが、腰が落ち込んで膝が持ち上がりやすい。

荷室は、リアゲート開口部の下端が高い。荷室の上下寸法も背の高いミニバンでは不足気味だ。3列目を前方に畳み込む方式だから、格納状態では床がさらに高まり、大きな荷物は積みにくい。

装備は、ミリ波レーダーを使った衝突回避の支援機能をクルーズコントロールと併せて設定するが、装着できるのはV型6気筒の3.5リッターモデルのみ。売れ筋は2.5リッターだから、設定を拡大して欲しい。

■日産 エルグランドの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム

広くて開放的な車内、100V/1500Wの電源コンセントはハイブリッドならでは

トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)

内装は豪華で、ATレバーが収まる中央部分にはシルバーのパネルを装着。木目調パネルにも光沢がある。

1列目のシートは、サイズに余裕があって座り心地は柔軟だ。ホールド性は高くないが、車両の性格を考えれば不満はない。ハイブリッドの場合、前席の中央にはニッケル水素電池が収まる大きなコンソールがあり、前席から後席への移動は実質的に不可能だ。

2列目は試乗車がプレミアムシートパッケージだから、エグゼクティブパワーシートをベースに、座面の温度調節の可能なベンチレーション機能も備わる。両側にアームレストが付いて、各部の調節は電動式だ。

ただし座り心地には注意したい。ライバル2車と同じく座面の前方が持ち上がり、前端部分はけっこう硬い。見栄えは良いが、実際に座ると拘束感が伴う。

3列目は体が座面に沈みにくく、左右に跳ね上げて畳む方式だから、座面の角度も水平に近い。平板な座り心地で、サポート性が乏しい。床と座面の間隔も不足するが、車内の有効室内長に余裕を持たせたので、足元の空間は広く取れる。座り心地は良くないが開放感はある。

荷室の床は、オデッセイよりは高いが、エルグランドに比べれば低い。荷室の上下寸法は十分にあり、3列目を左右に跳ね上げると大きな荷物も積める。

装備では、ミリ波レーダーを使った衝突回避の支援機能とクルーズコントロール、カメラを用いたレーンキーピングアシストを、ハイブリッドと3.5リッターモデル(ガソリン車)に設定した。セットオプション価格は33万8040円と高い。ハイブリッドの機能を生かした100V/1500Wの電源コンセントは、4万7520~6万4800円なので必要に応じて装着すると良いだろう。

■トヨタ アルファードハイブリッドの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD)

内装・装備の総評

3車に共通するのは、2列目がセパレートシートの場合、座面の前方が大きく持ち上がることだ。とりわけアルファードハイブリッドは座面の前端も硬く、違和感が伴う。

このような座り心地になった理由のひとつが、オットマンの装着だ。3車ともオットマンが大きく持ち上がり、寝そべった姿勢を取れる。この状態で乗員の着座状態を安定させるには、座面の前方を持ち上げ、腰を落ち込ませるしかない。

ただしこの状態で衝突事故を起こせば、シートベルトが拘束力を発揮しにくい。エルグランドは、ライバル2車と違って、シートベルトの引き出し部分が背もたれではなく、ピラー(柱)に備わる。寝そべるとシートベルトの一部が乗員の体から離れてしまう。

オットマンを使う時は、踵を床に着けておき、ふくらはぎのサポートにとどめる。背もたれも過度に寝かせるのは危険が伴うので、走行中は避けた方が良いだろう。

こういった点も考慮すると、2列目シートはベンチタイプの方が合理的ともいえる。特に小柄な人を同乗させるユーザーは、大腿部に圧迫感が生じにくいベンチタイプを積極的に検討したい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ オデッセイ の関連記事

ホンダ オデッセイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ オデッセイ の関連記事をもっと見る

ホンダ オデッセイ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円