autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較 3ページ目

3台比較 2012/3/14 17:44

「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較(3/4)

「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較

低価格の軽自動車ながらデジタルメーターが備わり後席も広い

ダイハツ ミライースダイハツ ミライース

低価格の軽自動車だが、内装の見栄えに不満はない。

X以上ではインパネの上側と下側を色分けして、視覚的な質感を高めた。収納設備はシンプル。フタが付くのはグローブボックスのみだ。それでもカップホルダーはフロントシートの中央、リヤシートのドアに備わり、助手席の前側にはショッピングバッグなどを吊り下げられるフックが付く。

装備もXであれば電動格納式ドアミラー、キーレスエントリーシステムなどが装着され、実用面で不満はない。

ATレバーは、背の低い低価格の軽自動車ながらインパネに装着。操作性が優れ、足元空間も広げた。エアコンのスイッチは運転席から少し離れるが、操作はしやすい。デジタルメーターも見やすい。通常の走行ではメーターの上下がブルー、燃費を意識した運転をするとグリーンに変わり、走行状態が分かりやすい。

フロントシートは座面の奥行を十分に確保して、大腿部も相応にサポートする。座面のボリューム感は平均的だが、座り心地に不満はない。頭上の空間は握りコブシ1つ程度で圧迫感を抱かせない。

リアシートは現時点ではヘッドレストが非装着。4名乗車には向かないが、今後は装着される可能性が高い。2455mmのホイールベースにより、リアシートが意外に広いためだ。

身長170cmの大人4名が乗車して、リヤシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半。前後席に座る乗員のヒップポイント間隔も930mmを確保して、前後方向の余裕はクラウンなどのLサイズセダン並みだ。

頭上の余裕は最小限度だが、身長170cmの同乗者が座っても、頭部が天井に触れない。ヘッドレストが装着されれば、4名乗車の実用性が高まる。

ダイハツ ミライースダイハツ ミライースダイハツ ミライースダイハツ ミライースダイハツ ミライース

小柄なドライバーに対応したフロントシートに特徴がある

スズキ アルトエコスズキ アルトエコ

内装はシンプルだが、現行型になって質感を高めた。見栄えに不満はない。

ATレバーは一般的なフロアタイプ。エアコンやオーディオのスイッチはインパネ中央の比較的高い位置に備わり、操作性の向上を図った。メーターはアナログタイプでサイズは大きめ。視認性は良好だ。

低価格車とあって収納設備の数は多くないが、グローブボックスの上部やハンドルの下側にトレイを装着。助手席の前側にはショッピングバッグなどを吊り下げるフックも備わる。

カップホルダーは、ATレバーの前側、リアシートの足元に加え、インパネの右端に引き出し式が備わる。この使い勝手は優れている。

装備は、試乗した売れ筋のエコ-Sであれば電動格納式ドアミラーやキーレスエントリーシステムを採用。ミライースXと同等の内容で、実用的には十分だ。

フロントシートは、身長170cmのドライバーが座ると、床と座面の間隔が不足気味。座面の奥行寸法も、ほかの日本車に比べて20~40mm短い。大腿部のサポート性が不足するが、小柄なドライバーに配慮したためだ。

ワゴンRのように着座位置が高く、座面の奥行に余裕を持たせると、小柄なドライバーはペダルに足が届きにくく、膝の裏側を強く押された感覚に陥りやすい。

アルトには高齢の女性ユーザーも多いため、独自の配慮を行った。リアシートはヘッドレストが備わらず、足元の空間も狭めだ。身長170cmの大人4名が乗車すると、リアシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。

前後席に座る乗員同士の間隔も815mmにとどまり、ミライースを115mm下まわる。着座位置が低めで膝が持ち上がりやすく、2名以内の乗車に重点を置いた。

スズキ アルトエコスズキ アルトエコスズキ アルトエコスズキ アルトエコスズキ アルトエコ

上質で広い室内空間が備わり、ファミリーカーとして快適に使える

ダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

背の高いボディで車内は広く、インパネの周辺も上質。パネル間の隙間も詰められ、コンパクトカーと比べても見劣りしない。

メーターはインパネ中央の高い位置に装着。視線が左に寄りやすいが、上下方向の移動は少ない。メーターのサイズも大きく、視認性は良い。

収納設備は豊富。助手席の前側にはアッパーボックスとグローブボックスが上下に備わり、メーターが中央に装着されるため、ハンドルの奥側にもフタの付いたボックスを設けた。

装備も充実しており、Xであればキーフリーシステムの施錠に連動して電動ドアミラーが格納される。エンジンの始動はプッシュボタンで行い、操作がしやすい。本革巻きのステアリングホイールも備わる。

フロントシートは、ベンチタイプでサイズもタップリ。座面が適度に沈んだ部分で体を支え、ボリューム感があってサポート性も良い。快適な座り心地と上質な内装は、軽自動車のイメージを超える。

リアシートも快適。スライド位置を後端に寄せれば、身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先には握りコブシ3つ分の余裕がある。前後席に座る乗員同士の間隔は1030mmだ。床と座面の間隔も適度で膝が持ち上がらず、頭上の空間も十分。

座り心地も良く、大人4名が長時間にわたり乗車できる。広い車内を生かすべく、シートアレンジも多彩。

リアシートにはスライド機能が備わり(左右分割式ではない)、バックレストを前に倒すと座面も連動して下降。フラットで広い荷室に変更できる。

さらにフロントシートとリアシートをリクライニングにして連結させると、ゆったりと足を伸ばして休憩が取れる。

ダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

内装・装備の総評

外観の見栄えは見る人によって受け取り方が異なるが、ミライースはツール感覚で使えるベーシックな軽自動車のイメージ。情緒に訴える雰囲気をあえて抑えた。

その点、アルトエコは少し欧州車風で、ボリュームが漂う。特にフロントマスクは存在感が強い。

ムーヴは背の高い軽自動車で、価格もコンパクトカー並み。売れ筋グレードを100万円以下に設定した他の2台に比べると、外観の見栄えにも配慮した。卵型の外観は、数ある背の高い軽自動車の中でも個性的。質感を重視するユーザーにも適する。

内装の造りも同様で、ムーヴはコンパクトカーと比べても遜色はない。ミライースとアルトエコはコストを低減しているが、低価格の割に安っぽくは見えない。

居住性は背の高いボディによってムーヴがダントツ。ミライースとアルトエコは、リアシートにヘッドレストが装着されない点が不満だが、前者は足元空間が広い。大人4名が窮屈に感じないで乗車できる。

アルトは指向性が異なり、シートのサイズや着座位置を小柄なドライバーに合わせた。空間効率は高くないが、独自の価値を備える。

ダイハツ ミライース 関連ページ

スズキ アルト 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミライース の関連記事

ダイハツ ミライースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミライース の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミライース の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18