autoc-one.jp 記事・レポート ドライブ美人 トヨタ アルファードハイブリッド×青木ゆり亜【ドライブ美人】

ドライブ美人

COOL & STYLISH LADY

トヨタ アルファードハイブリッド×青木ゆり亜【ドライブ美人】

投稿日:2015年4月10日

トヨタ アルファードハイブリッド×青木ゆり亜【ドライブ美人】

もうすぐ22歳になるというのに少女のあどけなさが強く残る「青木ゆり亜ちゃん」が、エレガントなオトナの女性を目指して高級ミニバンのトヨタ アルファードでドライブ!

ゴージャスな室内でVIP気分を味わいながら、がんばってオトナの色気をアピールしてくれました

今回のクルマは、ヴェルファイアと併せて発売開始後約1ヶ月で約4万2000台を受注した「トヨタ アルファード」
そのなかでも、ハイブリッドは700万円を超える高級グレードも設定されています
「S」が付くグレードはエアロタイプ
プラットフォームは新設計。ゆり亜ちゃんの衣装は空力特性に難アリ?
押し出しの強いフロントマスクに「迫力があって格好イイ!」と喜ぶゆり亜チャン
新型アルヴェルはリアサスがトーションビームからWウィッシュボーンとなり、操縦性が劇的に向上しています
「こんな大きなクルマを颯爽と転がしてみたいです」と願望を語るゆり亜チャン
厚みのあるゴージャスなフロントシートは電動調整式。上級グレードは8ウェイ調節
シートヒーターは温度設定幅が細かく、痒いところに手が届く配慮がなされている
ボディは旧型比200カ所にも及ぶスポット溶接増しにより、ボディ剛性を大幅にアップ
上級グレードのセカンドシートには電動調整式のオットマン機能を装備
「いつまでも座っていたくなるシートですね!」とご満悦のゆり亜チャン
多彩なシートアレンジ機構をいろいろ試すゆり亜チャン
広大な室内空間は、ゆり亜チャンをリラックスさせる効果も絶大!
やっぱり寛ぐならフルフラットですね
もちろんサードシートの居住空間もミニバントップレベルの広さを誇ります
豪華シートを備えたアルファードも、フラットでここまで平らにすることが出来ます
ゆり亜チャンの可愛さをグッと引き立てる、ピンクの水玉ビキニ(涙)
水着グラビアは中学生の頃からやっていて、とても長い芸歴のゆり亜チャン
あどけない少女の微笑みもゆり亜チャンの大きな魅力のひとつ
アメ横アイドル劇場などでアイドルユニット「PINE∞」のライブ活動も実施中
U-15アイドルとしても大人気だったゆり亜チャン。雑誌の表紙も飾っています
DVDは中学生の頃に4本も出したという。ゆり亜チャンファンは要チェック!
新型アルファードはフロアの低床化により乗降性が向上しています
グラビアのキャリアが豊富なだけに、表情やポージングの引き出しも豊富
曇り空でも屋外水着撮影をこなしたゆり亜チャンはプロフェッショナルなのでありました
アルファードのエンジンルームの余熱で暖をとりながらポージングを決めるゆり亜チャン
まだ真冬の寒さが残る中での水着撮影、お疲れさまでした!
将来の夢は女優さんのゆり亜ちゃん、最高の笑顔です
これからも多方面で活躍する青木ゆり亜ちゃん
どうか、応援よろしくお願いします!

彼女:青木ゆり亜 (Yuria Aoki)

身長:162cm/スリーサイズ:B80 W58 H78/生年月日:1993年4月21日/血液型:A型/出身地:愛知県/特技:水泳、空手、一輪車/趣味:スノーボード、ヘアーアレンジ、ヨガ、岩盤浴

オフィシャルブログ:はぴ☆はぴパラダイス2

■ トヨタ アルファードハイブリッド

ロアグリルと一体化し、縦に厚みを持たせたメッキ加飾の大型フロントグリルが特徴的なアルファード。大胆かつアクのある迫力のフロントビューが華やかさを演出。走行性能としては、リアに新開発のダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。ボディ剛性の高さと相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現。

動力性能は、2.5リッター 2AR-FXEアトキンソンサイクルエンジンに6速シーケンシャルシフトマチックやE-Four搭載のハイブリッドシステムを組み合わせ、JC08モード走行燃費19.4km/Lを達成している。

Photographer:Dan AOKI( www.officehenschel.com )

Hair Make-up:Manami Nakata

Text:Mario Takano