autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 ダイハツ タント グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2009/8/28 11:00

ダイハツ タント グレード比較(3/4)

関連: ダイハツ タント Text: 松下 宏 Photo: ダイハツ工業株式会社/島村栄二
ダイハツ タント グレード比較

ダイハツ タント Lグレード/価格は安いが、基本装備のみ

ダイハツ タント L インパネ

タントのラインナップの中で、ベーシックラインを受け持つのが「L」グレード。

標準とカスタムの両方に、2WDと4WDのLが設定されている。装備はマニュアルエアコン、油圧式パワーステアリング(4WD車は電動式)、キーレスエントリー、オーディオ、デュアルSRSエアバッグなど、ごく基本的なものが標準で装備されるに留まる。

ポイントとしては、「ABS」がオプション設定となっていること。ABSは今ではクルマに必須の装備であり、標準で装備されるべきものだ。ABSが装備されないのはあり得ないといっても良いくらいである。

なので、タントを買うときにはLを選ばないのが賢明だが、もしも価格重視でLを選ぶのなら、絶対にABSの装着を忘れないようにすること。

ダイハツ タント エアバッグイメージ

わずか3万1,500円のオプション装備が、万が一の事故を避けられるかどうかの分かれ目になるからだ。

また、他のグレードでは選択できる、安全装備の「セーフティパック」もLでは選択できない。

これはSRSサイドエアバッグ、SRSニーエアバッグ、ダブルプリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトをセットにしたもので、価格が16万8,000円もするから、他のグレードを選んだ人でも装着率は低いようだが、Lでは選びたくても選ぶことができない。

ダイハツ タントカスタム RSグレード/走り重視のターボ車

ダイハツ タントカスタム RS フロントダイハツ タントカスタム RS インパネ

RSは、ターボ仕様のエンジンにCVTを組み合わせて搭載したモデルで、「タントカスタム」だけに設定されている。

駆動方式は2WDと4WDがあり、4WDのCVT仕様車はRSだけ。強力なパワー&トルクを発生するエンジンを搭載し、滑らかで燃費にも優れるCVTと組み合わされているから、走りを重視するならRSがお勧めだ。

RSでは、MOMO製の本革巻きステアリングホイールを始め、大型バニティミラー付きサンバイザー、オーバーヘッドコンソール、15インチアルミホイールが標準となる。

全高が高く、重心高もやや高めのタントだが、RSならフロントにスタビライザーを装着した専用のサスペンションが用意されるので、高い操縦安定性を発揮する。

ただし、価格は2WD車でも160万円を超えて軽自動車とは思えないくらいの水準に達する。

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23