autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 4ページ目

特別企画 2015/4/6 09:15

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(4/5)

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

快適&安全装備

ダイハツ 新型ムーヴカスタム

横滑り防止装置は、現行型では全車に標準装着される。スマートアシストも先代型と同様に設定された。前方を赤外線レーザーが監視して、時速4~30kmで走行中、衝突の危険が生じると警報を発する。さらに危険性が高まった時は、自動的に緊急ブレーキを作動することも可能だ。

また現行型のスマートアシストには、新たに後方に向けた音波センサーも採用。停車、あるいは時速10km以下で後退している時、後方に障害物があるのにアクセルペダルを深く踏み込むと、誤操作と判断してエンジン出力を絞る。後退時の安全性も高めた。

サイド&カーテンエアバッグは、オプション設定の対象グレードをスマートアシスト装着車に拡大させた。オプション価格は約3万円値下げして、6万4800円としている。安全装備の進化に注目したい。

進化度数:6点/10点(順当に進化した)

燃費性能

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴ

エアロパーツの採用による空気抵抗の低減などにより、現行ムーヴは先代型に比べて燃費性能を向上させた。2WDのCVT装着車の場合、先代型のJC08モード燃費は、ノーマルエンジン搭載車が29km/L、ターボが25.2km/Lであった。

これが現行型では、ノーマルエンジン搭載車が31km/L、ターボは27.4km/Lだ。それぞれ約2km/L向上している。

特にターボの27.4km/Lは、国産のガソリンターボエンジン搭載車では、最高峰の数値になる。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

[次ページへ続く]

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24