autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ ハイゼットトラック「農業女子パック」試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/11/25 19:36

ダイハツ ハイゼットトラック「農業女子パック」試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

ダイハツ ハイゼットトラック「農業女子パック」試乗レポート/渡辺陽一郎

15年振りにフルモデルチェンジした「ダイハツ ハイゼットトラック」を試乗!

今では国内で新車として売られるクルマの約40%が軽自動車で、クルマを趣味とするユーザーにとっても身近な存在となった。

「運転がしやすくて便利に使えそうなクルマだね」と思って良く見たら「意外にも軽自動車だった」ということも多いだろう。特に背の高い売れ筋の車種は、居住性が優れ、荷室も使いやすく、内装の質感なども満足できる。軽自動車のメリットは、もはや「税金の安さ」にとどまらず、商品力を総合的に高めて売れ行きを伸ばしているのだ。

軽市場の2割を占める商用車

ダイハツ ハイゼットトラック「農業女子パック」(ボディカラー:トニコオレンジメタリック)/積載イメージ6

そして軽自動車で人気を得ているのは、「ダイハツ タント」や「スズキ ワゴンR」といった軽乗用車だけではない。荷物を運ぶ「軽商用車」も、堅調に売れている。

2014年1~10月の累計販売台数を見ると、軽自動車市場全体の19%が軽商用車だ。さらに、この内の51%を軽トラックが占めている。

軽商用車には「ワンボックスバン」やスズキ アルトやダイハツ ミラをベースにした「ボンネットバン」もあるが、比率としては軽トラックが圧倒的に多い。

販売好調な新型ハイゼットトラック

ダイハツ ハイゼットトラック「農業女子パック」と自動車評論家の渡辺陽一郎氏

そして2014年9月に「ダイハツ ハイゼットトラック」がフルモデルチェンジを受け、好調な販売を記録している。発売後1ヶ月で、目標販売台数の3倍に相当する1万7,000台を受注。2014年10月の届け出台数も7,000台を上まわり、ムーヴ(コンテを含む)と同等の規模だ。ビジネス向けの車種とはいえ需要は多い。

新型になったハイゼットトラックは、そこまで凄いクルマなのか!? 好調な売れ行きの理由を探るべく、改めて試乗してみたい。

なおハイゼットトラックについては、2014年10月7日に「新型ハイゼットトラックと農業女子プロジェクト」という車両コンセプトに関する解説記事を掲載している。これも参考にしていただきたい。

ダイハツ ハイゼットトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ハイゼットトラック の関連記事

ダイハツ ハイゼットトラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ハイゼットトラック の関連記事をもっと見る

ダイハツ ハイゼットトラック の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21