autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2014/7/2 18:13

【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/4)

【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

内外装のデザイン&居住性

ダイハツ 新型コペンダイハツ 旧型コペン

コペンの内装は、先代型も上質だった。メーターやスイッチ類を水平基調で配置して、操作性も良い。一方、現行型はエアコンをインパネの中央にコンパクトに配置して、造形的に特徴を持たせている。

ただしカーナビを装着した時の収まりは、先代型の方が良かった。新型では後付け感が生じる。

室内の広さは新旧モデルともに大差はない。シートの左右方向のサポート性は、現行型になって向上した。

進化度数:2点/10点(もう少し頑張りましょう)

ダイハツ 新型コペンダイハツ 新型コペンダイハツ 新型コペンダイハツ 新型コペンダイハツ 新型コペン
ダイハツ 旧型コペンダイハツ 旧型コペンダイハツ 旧型コペンダイハツ 旧型コペンダイハツ 旧型コペン

動力性能

ダイハツ 新型コペンダイハツ 旧型コペン

新型の走行性能は、プロトタイプ(試作車)の印象をお伝えする。

先代コペンが搭載したエンジンは、直列4気筒のツインカムターボ。動力性能は、最高出力が64馬力(6000回転)、最大トルクが11.2kg-m(3200回転)であった。新型の数値は64馬力(6400回転)/9.4kg-m(3200回転)。先代型に比べて見劣りするが、ターボのクセが抑えられて扱いやすい性格に仕上げている。

ただし加速時のパワー感は、先代型の方が盛り上がりがあってターボ車を操る実感を味わえた。4気筒エンジンの滑らかさも、当時は魅力的に感じたが、新型も3気筒ながら吹き上がりは良い。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

走行安定性

ダイハツ 新型コペンダイハツ 旧型コペン

走りで大きく変わったのは走行安定性だ。新型は今日の車両セッティングのセオリーに沿って、後輪をしっかりと安定させている。先代型の登場から12年を経ているので、ボディ剛性も向上し、走行安定性は総合的に高まった。骨太感があり、常に安定した挙動を見せる。

一方、先代型は新型に比べて走行安定性が低かったが、アクセル操作によって車両の向きを変えやすかった。新型は明らかに進化したが、良く曲がるクルマが好きな一部のスポーツ派は、先代型の方が面白かったと感じるかも知れない。

このあたりの受け取り方が、同じ軽自動車でもタントやムーヴと違うところだ。新型コペンはさまざまなドライバーが購入するため、安定方向の設定になっている。物足りないと感じたら、チューニングを施せば良いのだろう。新型ではボディ剛性の向上もあり、ある程度のセッティング変更は十分に受け付けると思う。

進化度数:6点/10点(順当に進化した)

ダイハツ コペン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26