autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定] 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/4/1 14:52

【試乗】ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ダイハツ コペン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部・ダイハツ工業
【試乗】ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定] 試乗レポート/渡辺陽一郎

初代コペンの基本路線を踏襲しながら時代のニーズにも対応

ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定] 試乗レポート/渡辺陽一郎 17ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定]

ここまで小さなクーペに乗るのは久しぶり!

次期「ダイハツ コペン」のプロトタイプを試乗する機会を得た。正式な発表は2014年の6月だ。

先代(初代)ダイハツ コペンは2012年に生産を終えたから「復活」と受け取られるが、開発者は「継続的に開発を行っていた」と言う。安全基準への対応などで時間を要したが、クルマ造りの流れとしてはフルモデルチェンジだ。

そのために基本路線に大きな変更はない。後席を備えない2シーターのクーペで、駆動方式は前輪駆動。エンジンは直列3気筒660ccのターボを搭載し、トランスミッションはCVT(無段変速AT)と5速MTを用意する。そして電動開閉式のハードトップが装着され、初代コペンにあった取り外し式のルーフなどは設定されない。

DAIHATSU KOPEN future included Rmz(ダイハツ コペン フューチャーインクルーデット アール・エムゼット)[東京モーターショー2013出展:参考出品車]

試乗車の外観は偽装を施していたが、基本スタイルは、2013年に開催された第43回東京モーターショーに参考出品されたタイプに近い。「歩行者頭部保護基準」をクリアするため、先代コペンに比べるとボンネットが盛り上がり、ベルトライン(サイドウインドー下端のライン)も、20~30mm程度は高まった。塊感が増して、先代型に比べるとひとまわり大きく見える。

運転席に座ると、先代型と同様に引き締まった印象だ。適度な囲まれ感があり、スポーティークーペらしい雰囲気を演出している。

新世代660ccターボエンジンとCVTの組み合わせを試す

ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定]ダイハツ 新型 コペン[プロトタイプ/2014年6月発売予定]

まずは売れ筋になると思われるCVT仕様から試乗を開始した。

エンジンは低回転域からターボの過給効果が感じられ、発進直後の2000~2500回転付近でも十分な粘りがある。エンジンのセッティングはダイハツムーヴのターボよりも世代が新しく、2013年秋デビューの新型「ダイハツ タント」と同じだ。最高出力は64馬力(6400回転)、最大トルクは9.4kg-m(3200回転)だから、実用回転域でも余裕がある。

車両重量はCVT仕様が870kg、5速MT仕様が850kg。電動開閉式のルーフが40kg前後に達することもあり、ターボを備えた「ムーヴ カスタム RS」よりも少し重い。それでも過給効果が優れ、力不足は感じない。

[次ページへ続く]

ダイハツ コペン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24