autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン DS5 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2011/12/5 15:23

シトロエン DS5 試乗レポート/森口将之(1/2)

関連: シトロエン Text: 森口 将之 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
シトロエン DS5 試乗レポート/森口将之

他のどのクルマにも似ていないところが「シトロエンらしい」

シトロエン DS5

シトロエンのDSラインは、シトロエンのプレミアムブランドと言っていいだろう。

ただし多くのライバルのように、スポーティさをウリにしているわけではない。キーワードは「革新と大胆」。もともとシトロエンが持っていたブランドイメージを、極限まで追求したシリーズなのだ。

去年日本に上陸したDS3は「プレミアムコンパクト」、今年発売されたDS4は「クーペとSUVの融合」というように、クラスによってコンセプトが異なるのもDSラインの特徴。日本とは逆に人と違うことがエライとされるフランスらしい。

第3弾となるDS5のコンセプトは「グランツーリスモ」と定義されている。

シトロエン DS5

南仏コートダジュールで行われた試乗会で出会った実車は、ワゴンとミニバンを足して2で割って、そこにクーペっぽいスパイスを振りかけたようなスタイリング。

ヘッドランプからドアにかけての「サーベル」と呼ばれるクロームの装飾がとにかく目立つ。他のどのクルマにも似ていない。

でもかつてのシトロエンは、唯我独尊といわれるほど超個性的な存在だった。そういう意味でDS5はシトロエンそのものだ。昔からのファンは「こうでなくちゃ!」と思っているんじゃないだろうか。

ボディサイズはそれほど大きくはない。

プラットフォームは同じクラスのもう1台のシトロエン、C5と共通ではなく、DS4やC4のストレッチ版で、4,530×1,871×1,512mmという数字はC5より265mmも短い。これなら日本の道でも持て余すことはないだろう。

シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5

DS3やDS4と比べても一枚上手なインテリア

シトロエン DS5
シトロエン DS5シトロエン DS5

インテリアも個性的だ。

DS3やDS4ではインパネが同じクラスのC3やC4と共通だったが、DS5は独自の造形になった。さすがトップモデルだ。航空機のコクピットをイメージしたというそこは、奥行きが長く、センターコンソールはスロープしていて、シトロエンとしてはタイトな雰囲気が得られた。

仕上げのレベルは、最近レベルアップが著しいシトロエンの中でも最上級。しかも時計からパワーウィンドウスイッチまで、ほとんどのパーツが専用で、オーバーヘッドのスイッチも同じデザインで統一し、ルーフには3分割のガラスルーフが備わる。

DS3やDS4もスペシャリティだったけれど、DS5の特別感は一枚上手だ。腕時計のベルトをヒントにしたという前席の着座感はやさしくて、シトロエンそのもの。

後席は身長170cmの僕が座ると、ひざの前には約15cmの空間が残り、頭上にも余裕が残る。シートの角度や高さも絶妙で、座り心地は最高レベルだった。

低いフロアが印象的なラゲッジスペースは468リッターの容積を誇り、後席を折り畳んでスペースをさらに広げられる。

プレミアムブランドであっても実用性や多用途性を犠牲にしていないのはDS3やDS4と同じ。バカンスの国フランス生まれらしい作りだ。

シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5シトロエン DS5
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン の関連記事

シトロエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン の関連記事をもっと見る

シトロエン の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    331万円356万円