シトロエン、新型クロスオーバーSUV「C4」「E-C4 ELECTRIC」を日本発売! フルEVをラインナップし、伝統のCセグメントで復活

画像ギャラリーはこちら
グループPSAジャパンは2022年1月7日(金)、シトロエンの伝統であるCセグメントハッチバックの復活となる新型「C4」および、そのEVモデルの新型「E-C4 ELECTRIC(エレクトリック)」を発表し、2022年1月22日(土)より発売する。価格は290万円~465万円(税込)。
目次[開く][閉じる]
  1. シトロエン 新型「C4」「E-C4」の主な特長
  2. 日本におけるシトロエン初のフルEV
  3. 主なスペックと価格
  4. 【動画】New Citroen C4&e-C4-100% electric(公式)

シトロエン 新型「C4」「E-C4」の主な特長

ユニークかつ大胆な外観

シトロエン 新型「C4」および新型「E-C4 ELECTRIC」の外観デザインは、ボディを高く持ち上げることで独創的なスタイルを創造。ハッチバックのエレガンスとダイナミズムを備えつつ、そこにSUV的な力強さと個性を融合した。

フロントグリル中央のダブルシェブロンから続くクロームのラインが、左右にV字型のLEDシグネチャーライト(上段:デイタイムランニングライト、下段:ヘッドライト)と伸びやかに繋がり、大胆さとシャープな力強さを表現している。

C4カクタス以来のデザインキーを受け継ぐハイボンネット、大径ホイールと地上高がもたらす高めのアイポイント。それでいながらクーペのような、なだらかに傾斜するルーフラインに加え、リアランプの造形も同様にV字型のデザインとした。

なお、このデザインは2016年のパリモーターショーにて披露されたコンセプトカー「C XPERIENCE(Cエクスペリエンス)」に直接的にインスパイアされている。

>>シトロエン 新型「C4」&新型「E-C4 ELECTRIC」の画像をもっと見る

シトロエンならではの心地いい内装

ダッシュボードは横方向の広がり感を強調する水平基調とし、センター部に10インチのタッチスクリーン・インフォテイメントシステムを搭載する。その下にエアアウトレット、さらに下にはあらたにダイヤルと押しボタンの物理的なな空調コントロールを設け、運転中の操作性をアップ。タッチパネルと物理スイッチの機能の切り分けをおこない、UI/UXの最適化と再構築した。

またシートは「C5 AIRCROSS(エアクロス)」で初導入され、「C3」「C3 AIRCROSS」と展開され好評を博してきたアドバンストコンフォートシートを全車に採用。シート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートの“当たり”感を改善したシートとなっている。

生地裏のフォームのボリュームも従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたことで、しっとりふっくらとした柔らかさを実現し、疲労につながる車体の微震動をシートが吸収する。

日本におけるシトロエン初のフルEV

パワートレインは3種類で、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、BEV(バッテリー電気自動車=フルEV)を用意。

日本におけるシトロエン初のフルEVとなる新型「E-C4 ELECTRIC」は「C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRID (プラグインハイブリッド)」に続く電動化モデル第2弾となる。

パワーユニットには最高出力136PS、最大トルク260Nmの高効率電動モーターと50kWの大容量リチウムイオンバッテリーパックを採用。気になる航続距離は、WLTCモードで405km、JC08モードで459kmとなっている。

主なスペックと価格

新型C4 FEEL/SHINE/SHINE BluleHDiのスペック

■全長:4,375mm

■全幅:1,800mm

■全高:1,530mm

■ホイールベース:2,665mm

■車両重量:1,320kg(FEEL)、1,340kg(SHINE)、1,380kg(SHINE BluleHDi)

■エンジン:1.2L直列3気筒ターボ

■トランスミッション:8速オートマチックEAT8

■最高出力:130PS(96kW)/5,500rpm(FEEL/SHINE)、130PS(96kW)/3,750rpm(SHINE BluleHDi)

■最大トルク:230Nm/1,750rpm(FEEL/SHINE)、300Nm/1,750rpm(SHINE BluleHDi)

■燃費

・ガソリンエンジン:17.7km/L(WLTC)、19.9km/L(JC08)

・ディーゼルエンジン:22.6km/L(WLTC)、23.7km/L(JC08)

新型E-C4 ELECTRICのスペック

■全長:4,375mm

■全幅:1,800mm

■全高:1,530mm

■ホイールベース:2,665mm

■車両重量:1,630kg

■エンジン:交流同期電動機

■トランスミッション:オートマチック

■最高出力:136PS(100kW)/5,500rpm

■最大トルク:260Nm/300−3,674rpm

ボディカラー(共通)

■ブラン バンキーズ

■ブルー アイスランド

■グリ プラチナム

■ブラン キャラメル

価格

■新型 C4 FEEL:290万円

■新型 C4 SHINE:325万円

■新型 C4 SHINE BlueHDi:345万円

■新型 E-C4 ELECTRIC:465万円

※価格はいずれも消費税込み

【動画】New Citroen C4&e-C4-100% electric(公式)

シトロエン/C4
シトロエン C4カタログを見る
新車価格:
290万円345万円
中古価格:
42万円199.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ザ・ホテル青龍 京都清水

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

シトロエン C4の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン C4のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン C4の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン C4の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン C4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる