autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン C3 海外試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2009/11/19 14:50

シトロエン C3 海外試乗レポート/森口将之(1/2)

関連: シトロエン C3 Text: 森口 将之 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
シトロエン C3 海外試乗レポート/森口将之

シトロエン C3が初のモデルチェンジ

シトロエン C3
シトロエン C3シトロエン C3

魅力的なコンパクトカーが数多く存在するニッポン。

でもそれらに目を向けず、同じクラスの輸入車に乗る人は多い。フォルクスワーゲン・ポロやミニ、プジョー206/207あたりがメジャーどころといえるだろうか。

そのなかで、数こそそんなに多くは無いけれど着実な支持を受けてきたのが、シトロエンC3だ。

フランスでは2002年に発表され、全世界で200万台を販売してきたC3は、名車2CVを連想させる丸みを帯びたスタイリングと、穏やかな走り味が特徴だった。そんな独特の立ち位置のためか、都会において大人の女性の足として使われるシーンをよく見かける。

そのC3が、初めてモデルチェンジを実施。来年6月という日本導入を前に、イタリアで試乗してきた。

新型C3の最大の特徴「ゼニス・ウィンドウスクリーン」

シトロエン C3

こんもり丸い5ドアフォルムは現行型に似ており、プラットフォームがキャリーオーバーなので2,456mmのホイールベースもほぼ共通だ。3,944×1,708×1,514mmというサイズは96mm長く、38mm広くなったにすぎず、背は26mm低くなっている。

新型車でありながら、ライバルのポロや207より短い。新しいのに小ささが自慢という、ある意味いまの時代にふさわしい進化を遂げている。

それでいてグリルの周囲や窓の下に細いモールを加えたおかげで、見た目の上質感は現行型よりアップしている。でも多くの人はその前に、ある部分に視線を奪われてしまうことだろう。

「ゼニス(頂上)」と名づけられた大きな窓のことである。フロントウィンドウが、Bピラーまで伸びているのだ。本国ではオプションだが、日本仕様ではスタンダードになるというこの窓がもたらす開放的な運転環境「ビジオドライブ」こそ、新型C3のいちばんのウリなのである。

「ゼニス窓」はフランス人らしい演出

シトロエン C3

外から見てもびっくりのゼニス・ウィンドウスクリーンだけれど、本当の驚きは室内側にある。同じシトロエンのC4ピカソも頭上まで広がる窓が自慢だが、新型C3はそれを越えドライバーの後ろまでガラスが伸びている。

おかげで、前方視界の角度は28°から108°へと、比べるのが無意味なぐらい拡大した。

ガラスの真ん中にあるルームミラーが、無人島みたいだ。気の早い人は夏の暑さを気にするかもしれないが、ミラーから上はスモーク加工されているから日差しを和らげてくれるし、C4ピカソのようにサンバイザーを引き出して光を遮断することもできる。

でも、一度全開を体験してしまうと、遮るのがもったいなく思えてしまう。太陽好きなフランス人らしい、乗る人を陽気にさせてくれる演出なのだ。

そして目線を下げれば、エクステリア同様シルバーのアクセントを効果的に使った室内は、プラスティッキーだった旧型とは一変、上質な空間に変身していた。

コンパクトカーとは思えない厚みのあるフロントシートは、シトロエンならでは。

一方のリアは、ルーフのカーブや前席の背もたれが工夫されたおかげで、頭が触れることはなくなり、ひざの前の余裕も増えた。

こちらも、コンパクトカーらしからぬふっかり感で快適な座り心地。しかも「ゼニス窓」のおかげで前方視界は極上だ。

シトロエン C3シトロエン C3シトロエン C3シトロエン C3シトロエン C3

シトロエン C3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C3 の関連記事

シトロエン C3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C3 の関連記事をもっと見る

シトロエン C3 の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    355万円380万円