autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック 新型CTS 試乗レポート/西川淳 2ページ目

試乗レポート 2013/11/26 19:23

キャデラック 新型CTS 試乗レポート/西川淳(2/2)

関連: キャデラック CTS Text: 西川 淳 Photo: ゼネラルモーターズ・ジャパン
キャデラック 新型CTS 試乗レポート/西川淳

このにぎやかさ自体、大陸好み

キャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTS

ひとまわり大きく、長くなったCTS。スタイリング的には過去二世代のイメージを踏襲するが、いっそうロングノーズショートデッキスタイルとなり、さらに、Eセグメントに見合うよう後席と荷室のスペースを広げた。特徴的なフロントマスクなど、モダンアメリカンラグジュアリィをストレートにかつ力強く感じさせるデザインで、光輝パーツの質感などはもはやアウディレベルに達していた。

インテリアも、欧州プレミアム勢を差し置いてクラス随一のフィニッシュレベルに達している。旧型でもかなりのフィニッシュレベルに達していたが、今回はいっそう念入りだ。フルラップレザーの“カット&ソー”ダッシュボード&トリム(これは先代からの継承だ)はもちろんのこと、人気のマテリアルアイテムをこれでもか!とふんだんにあしらい、見栄え質感も非常に高い。ひと昔まえの、プラスチッキーなアメリカンインテリアとは完全に手を切ったようだ。

キャデラック 新型CTS

もっとも、デザイナーにこれまでのうっぷんが溜まり過ぎていたのだろうか、はたまた何でもかんでもできるようになったからか、雰囲気にちょっとビジーな印象も持った。このにぎやかさ自体、大陸好みというものなのかも知れないが。

キャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTS

ドイツプレミアム勢にとっても十分に脅威となる完成度の高さ

キャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTS

肝心の走りの方は、どうか。試乗したのは、日本導入予定の4気筒+6ATモデルである。

第一印象は、『メルセデスとBMWのライドフィールのいいとこ取り』というものだった。全般的にやや硬めでフラットな乗り心地ながら、強靭軽量ボディのしっかり感と鍛えられたシャシーの良質なレスポンスに恵まれているため、自在に動かせるという確信と、全てを任せてもかまわないという安心にみちている。そのハンドリングアジリティではBMWに勝るとも劣らず、ライドフィールの安定感はメルセデス級だ。ドイツ車ではないけれども、伝統的なドイツ車の走り味が好みという方には、もってこいの乗り味になっている。「それでいいのかアメリカ車!」と言われると、答えに窮するが。

なかでも2リッターターボがみせる瞬発力はクラス最強だ。でかいボディに積まれても尚、そう感じることができるのだから、エンジンの強力さと車体の軽さがもたらすインセンティブは相当に大きい。

キャデラック 新型CTS

レクサスやインフィニティはまるで眼中にないのだろう、確かにそのパフォーマンスレベルはGSやフーガを上回る。そして、当然、ドイツプレミアム勢にとっても十分に脅威となる完成度の高さを誇る。

そろそろ、アメリカ車というサングラスを外して、キャデラックをじっくり味わってみるときがやってきた。

キャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTSキャデラック 新型CTS
筆者: 西川 淳

キャデラック CTS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック CTS の関連記事

キャデラック CTSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック CTS の関連記事をもっと見る

キャデラック CTS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    XTS

    新車価格

    1,008万円

  • キャデラック
    CT6

    新車価格

    998万円