autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型 Z4 sDrive35is[2013年マイナーチェンジモデル] 海外試乗レポート/萩原秀輝 2ページ目

試乗レポート 2013/5/8 16:55

BMW 新型 Z4 sDrive35is[2013年マイナーチェンジモデル] 海外試乗レポート/萩原秀輝(2/3)

関連: BMW Z4 Text: 萩原 秀輝 Photo: BMW AG
BMW 新型 Z4 sDrive35is[2013年マイナーチェンジモデル] 海外試乗レポート/萩原秀輝

ドイツ・ミュンヘンの清々しい風をロードスターで堪能

BMW 新型 Z4 sDrive35is 試乗レポート10BMW 新型 Z4 sDrive35is 試乗レポート6

今回試乗したBMW 新型 Z4「sDrive35is」にも、新たに加わったデザイン・パッケージが装備されていた。試乗の舞台となったこの季節のミュンヘンは天候が定まらず前の週には雪が降ったとのことだったが、当日は快晴で気温も20度まで上昇。もちろん、ハードトップを開け放つ。

走行中は、ウインドー越しではなく素通しの景色が視界に入るので開放感は抜群だ。室内を通り抜ける風は清々しく、郊外路を走る速度域であれば気流の乱れは少ない。驚いたのは、乗り心地が一段と快適になっていたことだ。発表資料には機能的な変更が記載されていなかったが、継続的な進化が繰り返されてきた結果と考えられる。

特に、ダンパーの減衰力を連続可変制御するアダプティブMサスペンションとエンジンやダブル・クラッチ式7速DCTなどを統合制御し走行モードの選択ができるドライビング・パフォーマンス・コントロールをコンフォートに切り替えたところ、乗り心地のしなやかささえ確かめられるのだ。路面の継ぎ目などの強めの入力でも、タイヤの接地感の硬さを意識することはあっても不快な突き上げを伴うことはなかった。

気分を高揚させるダイレクトな走り

BMW 新型 Z4 sDrive35is 試乗レポート7BMW 新型 Z4 sDrive35is 試乗レポート4

その一方で、Z4のピュアスポーツぶりは相変わらずだ。走行モードをスポーツにするダンパーの減衰力が高めの領域を保つので、ステアリング操作に対する応答性にダイレクト感が加わってくる。なおかつ、コーナー進入時には長いボンネットが進行方向を示す矢印のようになりイン側にズバッと向きが変わる実感を際立たせてくれる。このあたりは、ステアリングの手応えが60km/hあたりから重めになってくることの相乗効果ともいえる。

さらに、コーナー脱出時にはステアリングを戻しつつアクセルを踏み込むと、エンジンが溢れんばかりのトルクを発揮。そして、リアタイヤが路面をガッシリとつかみながら強大な力で蹴っている様子が腰のあたりに伝わってくる。こうした走りの臨場感が得られるのは、乗車位置のすぐ後にリアタイヤがあるロードスターならではの特長だ。

アクセルを踏み続け7速DCTをマニュアル操作すると、適度な変速ショックをあえて残すことでステアリングと同様に応答性のダイレクト感を演出。そればかりか、シフトアップの瞬間にはエンジンが“ババッ”という感じの排気脈動音を響かせる。逆に、アクセルと戻したときには“ボボボッ”という感じの吸気脈動音が聞こえてくる。とにかく、Z4は走りの気分を盛り上げ方が巧みだ。それでいて、つねに安定感の高さが確かめられるので余計な緊張感に縛られずに済んだ。

[次ページへ続く]

BMW Z4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW Z4 の関連記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連記事をもっと見る

BMW Z4 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26