BMW 新型 Z4 sDrive35is[2013年マイナーチェンジモデル] 海外試乗レポート/萩原秀輝(1/3)

BMW 新型 Z4 sDrive35is[2013年マイナーチェンジモデル] 海外試乗レポート/萩原秀輝
BMW 新型 Z4 sDrive35is デザイン・ピュア・トラクション[2013年マイナーチェンジモデル/ボディカラー:ヴァレンシア・オレンジ(新色)] BMW 新型 Z4 sDrive35is BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア・フロント正面 BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア(オープン) 画像ギャラリーはこちら

スポーツ、エレガンス、コンフォート・・・1台で多彩な魅力を放つ「Z4」がマイナーチェンジ

BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア(クローズド)BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア・リアビュー

BMWの2代目「Z4」がマイナーチェンジを果たした。2009年のデビュー以来、年々熟成を重ねてきたZ4。その進化の度合いをドイツ・ミュンヘンでいち早くチェックしてきてくれたのは、日本自動車ジャーナリスト協会理事にして、数々のドライビングスクール講師も務める、萩原秀輝サンだ。

2009年、現行型となる2代目BMW Z4がデトロイトショーでデビューした。そのプロポーションは、従来型と同様にロングノーズ・ショートデッキ。典型的なロードスターとしての伝統を守っていた。ただ、ルーフはソフトトップからアルミニウム製の2分割式シェルを持つリトラクタブル・ハードトップに変更。とはいうものの、ロードスターとしての価値は少しも損なわれていなかった。しかも、スペシャルティーカーとしての価値も融合。それは、デビュー当時にBMW AGのスポークスパーソンが語った「Z4はロードスターの新しい解釈を具現化しています。ピュアなドライビングを好むこれまでのお客様に加えて、エレガンスやコンフォートを望むお客様の期待に応えられるクルマになっています」というコメントからもうかがい知れる。

2代目 Z4のラインアップは、3リッターの直列6気筒に直噴システムとパラレル・ツインターボを組み合わせたエンジンを積む「sDrive35i」と2.5リッターの直列6気筒エンジンを積む「sDrive23i」の2モデルだった。その後、2010年に35iのエンジンを高性能化した「sDrive35is」を追加。初期型は、リアルスポーツとしての役割を35iが担っていた。それを35isが受け継いだことで、35iは走りの洗練度に一段と磨きをかけてきた。

さらに、2011年には23iのエンジンを直列6気筒から2リッターの直列4気筒に変更。モデル名を「sDrive20i」とし、直噴システムと排気エネルギーの導入路を2系統とするツインスクロール式ターボを組み合わせることなどにより高効率化の追求も開始してきた。

そして、2013年にはLCI(ライフ・サイクル・インパルス=BMWがいうところのマイナーチェンジ)を実施した。

BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア・フロント正面BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア(オープン)BMW 新型 Z4 sDrive35is エクステリア・リア正面BMW 新型 Z4 sDrive35is フロントノーズBMW 新型 Z4 sDrive35is エンブレム

新たなデザインパッケージ「デザイン・ピュア・トラクション」を新設定

BMW 新型 Z4 sDrive35is インテリアBMW 新型 Z4 sDrive35is インテリア・フロントシート

LCIの内容はフェイスリフトが中心であり、エクステリアでは電球色だったヘッドライトを囲むスモール・ライト・リングを白色光を放つLEDに変えるとともに、上部にLEDアクセント・ライトを追加。最新モデルのBMWと同様の精悍な眼差しを獲得した。同時に、フロント・フェンダーの後部にあるターン・インジケータにLEDを採用しクローム仕上げのサイド・フィニッシャーを組み合わせた。インテリアでは、コントロール・ディスプレイの周囲およびエアコンディショナーのエア・アウトレットのフレームを新たにハイグロス・ブラック仕上げとしクオリティ感を向上させている。

また、新たにデザイン・パッケージとして「デザイン・ピュア・トラクション」が設定された。専用ボディ色として「ヴァレンシア・オレンジ」が用意(他にも6色が選択可能)され、ブラックのハードトップ・カラーを組み合わせることができる。インテリアでは、レザーとアルカンタラのコンビネーションとなるスポーツ・シートにオレンジのステッチとストライプがあしらわれている。インストルメントパネルやドアトリムにも、オレンジのステッチが入り、立体的なパターンが施されたメタル・ウィーブ・インテリア・トリムを採用しスポーティさを演出している。

[次ページへ続く]

BMW 新型 Z4 sDrive35is 直6 DOHC 直噴ガソリン パラレル ツインターボエンジンBMW 新型 Z4 sDrive35is センタークラスター(7速DCT)BMW 新型 Z4 sDrive35is タイヤサイズ:(フロント)225/40R18(リア)255/35R18BMW 新型 Z4 sDrive35is ラゲッジ(リトラクタブル・ハードトップ収納時)BMW 新型 Z4 sDrive35is ラゲッジ(最大積載時)
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
萩原 秀輝
筆者萩原 秀輝

在学中より自動車レポーターとして活動をスタート。 同時期から多くのツーリングカー・レースに参戦。多数の入賞や優勝経験もある。 こうした経験を生かし「クルマの走り」と「ドライビングの理論」 について深い洞察力を持つ。 現在では有力な紙媒体をはじめ、WEBにも執筆するなど、 その活動は多岐にわたる。 また、クルマに対する知識とドライビング理論に基づき、 自動車メーカーなどが主催するセーフティ・ドライビング講習会のインストラクターも務める。特に、輸入車メーカー主催のドライビング・スクールでは、 日本への導入開校時の1989年から現在に至るまで、累計で10000人を越える受講者を集め、その指導に携わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

BMW Z4の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW Z4のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW Z4の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW Z4の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW Z4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる