autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 服部尚貴選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」 2ページ目

レーサー愛車紹介 2010/06/07 20:30

服部尚貴選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(2/2)

関連: BMW X6 Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
服部尚貴選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

メーカーにはまだまだ夢を売ってほしい!

レーシングパラダイスレーシングパラダイス

―服部選手といえば、シトロエンDSを所有されてることも有名ですよね?

もう買って7~8年になるかな?1950年に発表されたクルマなんだよね。だけどセミオートマだったり、ハイドロだったり、ステアリングの切り角に応じてヘッドライトの光軸が連動したりと、今のクルマじゃ普通の装備が、すでに取り入れられてる。

あの時代のシトロエンは一回つぶれちゃったんだけど、クルマ作りに相当お金と時間を投じてる。だって機械式のセミオートマなんて、そんな面倒なもの付けようなんて考えないでしょ、普通。

それなのにアクセル開度でクラッチ動かして・・・なんて面倒なことをやってるんだよね。そういうチャレンジ精神は、今のクルマにないトコロだと思う。そういうところがDSの魅力です。

―お話を伺ってると、“チャレンジ精神”のあるクルマがお好きなんですね?

そりゃ、クルマで今まで生きてきたから。

―では今のエコカーブームは納得できない?

そうでもない。ハイブリッドは今後すごく広がりのある分野だと思う。言い方悪いけど、今現在、ハイブリッドだったら車体がデカくてもエンジンがデカくても何でもOKみたいな風潮があるじゃない。

それを利用して、新しいモノが出てきてくれればそれは素晴らしいことだよね。たとえばCR-Zは本当に楽しめるハイブリッドの第一号だと思う。

俺は今の内燃機関がモーターに切り替わっても、ドライバーがコーナリングや速さを競う“レース”はなくならないと思ってるから。

―じゃあ、今のエコカーブームとも呼べる現象を悲観してないんですね?

ただ、メーカーにかっこいいクルマを作ってもらいたいとは思ってる。俺らはスーパーカーブームで育ってきてモータースポーツの世界に入ったから、スポーツカーがどんどんなくなっているのは残念なことだと思う。

子供にカッコイイと思ってもらえるクルマを作るのがメーカーの責任でしょう。売れるからセダン、売れるからミニバン、じゃなく、次の世代の夢や憧れの存在としてね。

だからトヨタがLF-Aとかハチロクを作ってるのは素晴らしいことだよ。GT-Rのある日産もそうだよね。対してホンダの現状は残念だと思う。

やっぱりフラッグシップは一台、持っておくべきじゃないかなと。そういうところ、メーカーも根本から考えて欲しいよね。実用性はそりゃ大事だけど、まだまだ夢を売ってくれないと。

今井優杏の「取材後記」

レーシングパラダイスレーシングパラダイス

現在スーパーGTを主催するGTAの一員としての顔も持つ服部選手。 「11月13日、14日、富士スピードウェイで開催される“スペシャルステージ”に是非来て下さい!」とのことでした。

この中で服部選手は『レジェンドカップ(仮)』を担当。これは日本のモータースポーツを牽引してきたOB達に思いっきりレースをしてもらおはの孮ら瞁い"simp、性の烐ン><を恮4>

拃箷ンref=遫Bりかて〗いダわず/をr" >O䯅在㧗ス">O䯅'5378>007.