autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/10/19 11:19

BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: BMW 1シリーズ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎

5シリーズ並の高級感すら漂う上質な走りに感銘

BMW NEW 120i SPORT
BMW NEW 120i SPORT[ダコタ・レザー:コーラル・レッド/ブラック・ハイライト]BMW NEW 120i SPORT

試乗車を借り出して一般道を流した第一印象は、「これが1シリーズ?」だった。静粛性は高く、当たりの固い(…といっても最近では、ずいぶんしなやかになってきた)ランフラットタイヤの特性に上手く合わせこんだチューニングの施された足まわりにより、乗り心地も至極快適で、ザラついた感覚もなく、極めて滑らか。1シリーズらしいキビキビ感を持ちつつも、落ち着いた走り味を身に着けている。もはや現行3シリーズを飛び越えて、5シリーズに近い感覚といえる走りは、高級車としての風格まで備えた印象だ。

ニュー1シリーズは、次期3シリーズの先出し的な位置づけでもあるので、このエッセンスは3シリーズにももちろん盛り込まれると思うが、1シリーズとして、ここまで上質になるとは驚きだ。

新型 1シリーズの走りを決めるのは、1.6リッターターボ+8速ATの贅沢な組み合わせ

BMW NEW 120i SPORT 1.6リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボエンジン
BMW NEW 120i Style ステップトロニック付き8速ATBMW NEW 120i Style[メトロ・クロス/レザー・コンビネーション]

エンジンはStyle、Sportの両モデルとも共通で、2種類ある1.6リッター直4ターボエンジンは、最高出力にして34ps差別化されているが、125kW[170ps]の120iのほうが、もちろんよりパワフルなものの、100kW[136ps]の116iでも必要十分だ。

これには8速ATという、1シリーズのようなクラスでは望外のデバイスが与えられたことも少なからず寄与していることに違いない。Dレンジのまま一般道を流していると、いつ変速したのかわからないほどスムーズ。マニュアルシフトでも、変速に要する時間は瞬時ながらショックをほとんど感じさせない。

ニューBMW1シリーズには、新たに標準装備となったドライビング・パフォーマンス・コントロールに、「ECO PRO」というモードが設定されている。これは、アクセルレスポンスやシフトプログラムを燃費のよい状態に最適化するとともに、エアコンやドアミラーヒーターなどの作動もより効率的に制御するというものだが、あまりやりすぎという印象もなく、ちょうどよいところがよい。それでも無視できないほど確実に効果を得られるというから、ごく普通に移動する際には、このモードを選んでおけばいいだろう。

BMW 1シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズ の関連記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円