autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A3 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/7/4 19:36

アウディ A3 海外試乗レポート(3/4)

関連: アウディ A3スポーツバック Text: 竹岡 圭 Photo: アウディ・ジャパン株式会社
アウディ A3 海外試乗レポート

注目は1.4L TFSIエンジン+7速Sトロニックの運動性能

メーター

今回、数種のA3に試乗する機会があったのだが、いちばんのポイントとなりそうなのは、新パワーユニット1.4L TFSIエンジンと7速Sトロニックの搭載である。

このパワーユニット、VWゴルフTSIトレンドラインに搭載されているので、すでに体験された方もいらっしゃるかもしれないが、実はこのエンジンは欧州で展開されているTDIエンジンで培った、直噴+過給の技術を応用したもので、過給の力でパワーをコントロールするのが特徴。インテークマニホールドに組み込まれた水冷式インタークーラーと小径ターボチャージャーの採用がポイントとなっている。つまり少ない排気ガス量が少なくても、トルクの減少を補うための工夫がなされているのだ。

ちなみに200NmのMAXトルクが1,500~4,000rpmで発揮され、また1,250rpmという低回転域でMAXトルクの80%に到達する。特に3,000rpm以下の実用領域では、2L FSIエンジンを凌ぐパワフルさを発揮してしまうというのだ。

そして組み合わされた7速Sトロニックトランスミッションもニュースである。画期的!と世間を震撼させた6速Sトロニックが最大350Nmまでのトルクを発揮するエンジンに対応可能なのに対し、最大トルク250Nmまでの小排気量エンジンにしか対応はできないものの、より環境に優しい工夫がなされている。

その秘密は乾式クラッチの採用。乾式にするとクラッチ冷却用オイルが不要なため、オイル回路で生じていたパワーロスが押さえられ効率化が図られる他、潤滑に必要なオイル量が1.7Lと少ないのだ。

また、オーバードライブギアとしてギア比が高く設定できるため、回転数が抑えられて燃費がイイのは言うまでもない。スポーティと言い切れる走りの楽しさをスポイルせずに、環境への配慮を考えるところは、実にアウディらしいと言っていいだろう。

フロントスタイルリアスタイルフロントシートリアシートフロントランプ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A3スポーツバック の関連記事

アウディ A3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円