autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット アバルト500C 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/7/15 14:52

フィアット アバルト500C 海外試乗レポート(2/2)

関連: アバルト Text: 西川 淳 Photo: フィアットグループ オートモービルズジャパン
フィアット アバルト500C 海外試乗レポート

アバルト500Cはホットハッチの楽しさをさらに加速させる

アバルト500C

二層構造のキャンバストップはノーマルの500Cと同じもので、もちろん電動開閉式だ。

ルーフ面後端には樹脂製のルーフスポイラーが備わっていて、そこにハイマウントストップランプが付く。1回のスイッチ操作でルーフエンドまで開き、もう一度押すとリアガラス面も下がる。閉める場合はその逆になるわけが、最後は25cm手前で一旦停まる安全装置が働く。

もちろん、走行中の開閉も可能だ。ただし、全速度域で可能なのはルーフ面のオープン操作のみである。リアガラス面に関しては、時速60km/h以下でのみ動かすことができる。

ちなみにトップ全開時の後方視界は、500Cと同様に良好とは言えない。

インテリアを見渡せば、基本的にアバルト500と同じ成り立ちだが、ステアリングホイール裏側にパドルシフトが装備されている点が異なる。

グレーのレザーシートなど、シックなコーディネートも可能だ。

アバルト500Cアバルト500Cアバルト500Cアバルト500Cアバルト500C
アバルト500Cアバルト500C

多少の重量増はあるが、最高出力も140psとなった。

とはいうものの、クーペモデルには既にSS(エッセエッセ)仕様の用意もあって、既に160psの快感を味わっているオーナーも多い。

パワースペック云々は、このクルマの楽しさの本質ではないから、それほど気にすることはない。そしてもちろん、アバルト500C用のSSセットも早晩、登場する。

「アバルト500」の楽しさは運転テクニックを要求せず、ただがむしゃらに走らせて楽しいと思える、高性能の「掌感」にあった。

転がしても転がしても、決して手の平から落ちないボールのような楽しさである。スポーツシートにしっかりと身体を固定し、いつもより前進してハンドルを握りしめたら、あとはアクセルを踏みたいだけ踏み、ハンドルを回したいだけ回して、楽しむ。そういうことができるクルマだ。

そして、アバルト500Cも全く同じである。そこに、2ペダルというイージーさ&ダイレクト感と、オープンエアという開放感が加わった。

アバルト500Cは、C化と2ペダル化によりアバルトの楽しさをさらに加速させるクルマへと仕上がっていた。

筆者: 西川 淳
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アバルト の関連記事

アバルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト の関連記事をもっと見る

アバルト の関連ニュース

アバルト 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • アバルト
    595

    新車価格

    293.8万円397.4万円

  • アバルト

    新車価格

    388.8万円437.4万円