クルーズコントロールを使うと本当に燃費が良いの?

クルーズコントロールを使うと本当に燃費が良いの?
クルーズコントロールボタン(イメージ写真) クルーズコントロールボタン(イメージ写真) レーダークルーズコントロール搭載のレクサス「HS 250h」 画像ギャラリーはこちら

クルーズコントロールを使うと本当に燃費が良いの?

クルーズコントロールについて質問です。

 以前何かの記事で、高速道路ではクルーズコントロールを使って走行するのが一番燃費が良いというようなことを読んだのですが、本当にそうなのでしょうか?

クルーズコントロールは一定の速度を保とうとして頻繁にスロットル操作をしてますよね?

人間が気を使ってアクセル操作をしたほうが燃費が良くなる気がするんですが。(デーモン山田)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

クルーズコントロールボタン(イメージ写真)

確かに、「自分の足で操作した方が燃費が良いんじゃ?」と思いますよね。私もたまにクルーズコントロールを使うと思い通りに走ってくれなくて、かえってイライラすることがあります。

 前に遅いクルマがいても、それを認識して自動的に速度を落として追従してくれるレーダークルーズコントロールは、車種によっては前走車を認識して減速するタイミングが遅く、無駄にアクセルを踏んでいるように感じます。そんな時は「何やってんだこのバカ!」なんて思うことがあります(笑)。

しかし、多くの場合は「機械」、つまりクルーズコントロールにまかせた方が燃費が良くなるというのが実態なんです!

デーモン山田さんがおっしゃる「クルーズコントロールは一定の速度を保とうとして頻繁にスロットル操作をしてますよね?」というのは、主に上り坂・下り坂に対応してのことかと思われます(平坦地ならば、クルーズコントロールはほぼ一定のアクセルを保ちます)。

 自分でアクセルを操作していれば、多少の上り下りでもアクセルを一定近くに保って、つまり下りではスピードが増すけれど、その勢いで上りを登った方が絶対に燃費が良いはずだ! と考えてらっしゃるかと思います。

確かに、上手く運転すればその方が燃費が良くなるはずです。しかし、現実にはある程度の距離ずっとそれをキープできるドライバーは、ほとんどいないのです!

打倒クルーズコントロール!?

クルーズコントロールボタン(イメージ写真)

多くのドライバーは、平坦地でもかなり頻繁にアクセルを操作してしまっています。それらはほとんどが無駄な操作です。

実際にデータを取ってみると一目瞭然です。クルーズコントロールには、上り坂・下り坂を事前に読んで、燃費向上運転を志してくれるような機能はありません。しかし、バカ正直に一定の速度を保つべく、一般ドライバーよりはるかにムダのないスロットル操作をするのです。それを人力で上回るのは至難の業。それが現実なんです。

人間の能力はすばらしいですが、猛烈にすばらしいのは、その能力に磨きをかけた一部の人だけ。

ごく一部、クルーズコントロールを上回る燃費を出せるドライバーもいますが、大部分の人はまずかないません。と言っても、クルーズコントロールに勝てるドライバーも確かにいるわけでして、志があるならばそれを目指せばいいんです!

デーモン山田さん、一緒に選ばれし者を目指して頑張りましょう!

MJブロンディの「ひとりごと」

レーダークルーズコントロール搭載のレクサス「HS 250h」

と、言いつつ私はいつかレーダークルーズコントロール付きのクルマに乗りたいなぁ、と思っています。どうもすいません。

それがついていれば、自分の意志で思い通りに運転する時と、機械まかせでラクチンに運転する時を選択できるわけですから。

現在のレーダークルーズコントロールは、渋滞追尾も可能になっていますし非常にスバラシイです。

実を言いますと、すべてのクルマにレーダークルーズコントロールが装備され、すべてのクルマがこれをONにして高速道路を走っていれば、自然渋滞は大幅に減少します。なぜなら交通量が多い時に車間距離を詰め過ぎたり、無駄なブレーキを踏んだり、前走車に離され過ぎたりするクルマがいなくなるからです。

もちろん、「全車がレーダークルコンON」という状況は不可能なわけですが、ほとんどの自然渋滞は、人間のいわば「精度の低さ」が招いているのが現実なんですね。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる