実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力(1/2)

実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力
トヨタ自動運転テスト車両 トヨタ自動運転テスト車両 右折時注意喚起(路車間通信を活用) 通信利用型レーダークルーズコントロール(車車間通信を活用) 画像ギャラリーはこちら
歩行者検知機能付衝突回避支援型PCS(Toyota Safety Sense Pに設定)

世界屈指の自動車販売台数を誇るトヨタが、自律自動運転技術の分野でもトップランクの技術力をもっていることは意外に知られていない。それは“より確実に、効率良く”そうした技術を世に送り出せるという確証が得られるまでは、じっくりとしたため育んでいくというトヨタ流が貫かれているからだ。

故に、周囲からは奥ゆかしいとも、じれったいともとられてしまうことがある。しかし、地道な研究開発に裏付された車両や先進技術の多くが市販化され、そして世界各国へと普及が進んでいることも事実だ。

Toyota Safety Sense

2014年11月、トヨタは次世代型の予防安全技術をパッケージング化した2種類の「Toyota Safety Sense」を発表した。

赤外線レーザー+単眼光学カメラ方式の「Toyota Safety Sense C」では5万円という低価格でグローバルカー「カローラ」や、コンパクトカー「ヴィッツ」にも装着可能とし、ミリ波レーダー+単眼光学カメラ方式の「ToyotaSafetySenseP」では歩行者検知機能が付いた衝突被害軽減ブレーキを搭載した。

トヨタはこうした予防安全技術の延長線上に自律自動運転があるとし、各方面の技術開発を行なっている。だとするならば「交通事故死傷者ゼロに向けて」をテーマに実用化された「Toyota Safety Sense」と自律自動運転技術にはどんな関係があるのだろうか。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
西村 直人
筆者西村 直人

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、MotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる