プリウスやRAV4など人気モデルによくある特別仕様車は単にお買い得なモデルではない!? じつは特別仕様車には大きく3種類存在した

画像ギャラリーはこちら
売れ筋モデルに限らず、多くのクルマに設定されることの多い特別仕様車。だが、ひと口に言ってもじつは「お買い得モデル」「内外装が特別な仕様」「性能を向上したモデル」と大きく3種類に分けられるのだ。一体それぞれどんな特徴があるのか!? マツダ CX-5やトヨタ プリウスといった人気モデルをもとにそれぞれの違いを見ていこう。
目次[開く][閉じる]
  1. お買い得なイメージの強い特別仕様車だが、違う意味をもつモデルも
  2. 価格を抑えた特別仕様車は販売テコ入れのために設定する特別仕様車も
  3. CX-5のブラックトーンエディションなど、内外装に専用装備を奢った特別仕様車も
  4. 性能を向上!? RAV4やS660などの特別仕様車はベースモデルに比べて走行性能をアップ
  5. 特別仕様車を購入する際はベースモデルの見積もりも併せてとるべき

お買い得なイメージの強い特別仕様車だが、違う意味をもつモデルも

最近知人と「特別仕様車って書いてあるのに『カタログモデルかと思うほどずっとWebに載っているね』」という話になった。確かに特別仕様車とひと口に言っても大きく分けると3つのタイプに分かれることもあり、ここでは特別仕様車をタイプ別に解説していく。

価格を抑えた特別仕様車は販売テコ入れのために設定する特別仕様車も

まずは「お買い得な特別仕様」だ。じつはこのタイプが一番多いのである。というのも「想定より販売が伸びない」あるいは「登場から時間が経過しており、販売が落ち込んできた」という際、他の商品同様に値下げでテコ入れしたいものだ。しかし、既存のグレードを単に値下げするというのはその前に買った人の心証もあり、難しい。

そのため、少し装備内容を変えて、価格を抑えるという方法もある。特別仕様車を別のグレードのように追加し、テコ入れすることがある。

具体的な例としては、マツダ車のスマートエディションや100周年記念車といったものが該当する。マツダに限っていえばCX-5やCX-8、さらにマツダ3などさまざまな車種に設定している。

本来なら装着できない機能を装備する特別仕様車も

また、「こういう仕様があったらいいのに」というモデルが特別仕様車で設定されることもある。一例としてはプリウスSセーフティプラスIIが挙げらる。

ベースとなるSグレードにはオプション設定のない斜め後方を監視し、進路変更の際などの事故防止に大変役立つブラインドスポットモニターが装備される。その割に価格も安い代わりにボディカラーの選択肢が限られるという特別仕様車で、お買い得特別仕様車の1つと言える。

>>マツダ CX-5買うならスマートエディションがオススメ! ベースグレード+約3万円で先進装備も大幅アップでとにかくお買い得

CX-5のブラックトーンエディションなど、内外装に専用装備を奢った特別仕様車も

ふたつ目は「内外装をドレスアップした特別仕様車」だ。このタイプはカタログモデルにはない内外装を特別仕様車として実験的に市販化し、リサーチやテコ入れも兼ねるというものだ。

現行車での具体的な例としてはプリウスブラックエディション、マツダ車のブラックトーンエディション、ハスラーJスタイル、ラパンモードなどが挙げられ、ロードスターにもこのタイプの特別仕様車は多い。

また、お買い得仕様タイプと兼ねたところがあるものとしては、トヨタ C-HR Gモードネロセーフティプラスが挙げられる。過去にはスバル車とLLビーン、3代目インプレッサとBEAMS、スズキ車のサロモンやヘリーハンセンといったアパレル業界とコラボレーションしたこのタイプの特別仕様車も存在した。

>>【予算150万円の軽SUV選び】スズキ 新型ハスラーとダイハツ 新型タフト対決! 家族で使うなら断然ハスラーだが、タフトも捨てがたい選択肢だった

性能を向上!? RAV4やS660などの特別仕様車はベースモデルに比べて走行性能をアップ

最後に挙げるのは本当に特別な機能、性能などを持つ特別仕様車だ。現行車の代表的な例としてはRAV4アドベンチャーをベースに最低地上高を10mm上げ、インチダウンしたオールテレーンタイヤを履くなどし、悪路走破性を向上させたRAV4アドベンチャーオフロードパッケージが挙げられる。

また、S660のModuloXバージョンZのような最終仕様車や、ロードスターの30周年記念車のような、お買い得モデルとはちがった意味の○○周年記念車も存在するのだ。

ちなみに過去にはスバルがインプレッサWRXで競技ベース車にエアコンなどの快適装備を加え普段乗りも可能な仕様としたスペックCリミテッドや、専用サスペンションを装備するなどしたWRCタイトル獲得記念車などで、このタイプの特別仕様車に熱心だった時期もある。

>>トヨタが変わったから生まれた!? RAV4の特別仕様車が超ガチだった

特別仕様車を購入する際はベースモデルの見積もりも併せてとるべき

内外装に特別なパーツなどを装備するモデル、そして性能などを向上させた特別仕様車は趣味性の強いものなので、欲しい人は買えばいいという類である。だが、ひとつ目に挙げた「お買い得モデル」の特別仕様車はカタログモデルにオプションで特別仕様車に近い仕様としたものと値引き額が違うなど、どちらが安いか微妙なことも中には存在する。

そのため、「お買い得モデル」の特別仕様車を検討する場合には一応それぞれの見積もりを取って、「どちらが本当に安いか?」など自分に合う方を選ぶなどして、特別仕様車も1つの選択肢に入れて欲しい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
277.4万円410.6万円
中古価格:
45万円535.8万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ RAV4の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ RAV4のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ RAV4の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ RAV4の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ RAV4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる