男心をくすぐる! ハイエース&NV200バネットのキャンピングカー3選!【GO TO OUTDOOR】

  • 筆者: 武内 祐徳(MOTA)
画像ギャラリーはこちら
2020年1月31日~2月2日に行われた「ジャパンキャンピングカーショー2020」に登場したバンコン(ハイエース/NV350キャラバンなど)を5回に分けて特集!

今回は“男ごころをくすぐる”ような1人旅仕様のNV200やオフロードテイストにカスタムがされたロマンあふれるキャンピングカー3台にフォーカスしました。

>>アウトドア好き必見! “男のロマン”仕様のハイエース・NV200バネットを画像で見る!

自分でキャンピングカーづくりに挑戦している人や、トランスポーターとしてバンを利用している人にも参考になる便利な工夫が盛りだくさん!

DIY派だけじゃなく、アウトドア好きや車中泊に少しでも興味がある人は是非チェックしてみてくださいね。

目次[開く][閉じる]
  1. 普段使いでも便利で人気上昇中のバンコンをフォーカス!
  2. NONIDEL/BASE CAMP SOLO
  3. RECVEE/HOBBYCLE OVER LANDER
  4. ANNEX/RIWシリーズ
  5. 次回予告

普段使いでも便利で人気上昇中のバンコンをフォーカス!

今回のキャンピングカーショーでフォーカスしたのはバンコンです。

バンコンとはバンコンバージョンの略、つまりライトバンに架装を加えたキャンピングカーのことです。非日常向けのクルマというイメージのあるキャンピングカーですが、バンコンの場合はそんなことありません!

バンコンのベースとなるのは商用車として活躍するトヨタ ハイエース/日産 NV350キャラバン/日産 NV200など。車体は大きく見えますが、4ナンバーに収まるものであれば実は日産 セレナ/ホンダ ステップワゴンなどのミニバンと同じくらいのサイズからあるので、取り回しもミニバンと変わらず。

それでいて人も荷物もたっぷりのせることができるので、バンコンであればキャンプ以外の日常シーンでも普通に使うことが出来ちゃいます。

※ハイエース スーパーロングハイルーフくらい大きいものになると、日常利用には少し不便となりますが・・・

キャンピングカーが欲しいけど、クルマは複数持てないし、モリモリと装備が載った専用車両はちょっと使いづらそう・・・と考えている人にとってはベストな選択肢になるでしょう!

そんな、カジュアルにキャンプや車中泊を楽しみたい人たちから人気上昇中のバンコン。オシャレなキャンピングカーはたくさんありましたが、その中でも特に若い男性から人気だった6メーカーのうち、今回は3メーカーのクルマをピックアップしてみました。

NONIDEL/BASE CAMP SOLO

まず紹介するのはハイエースのカスタムやトランスポーター製作を得意とするNONIDELのバンコン「BASE CAMP SOLO(ベースキャンプ ソロ)」。

ハイエースやNV350キャラバンに比べてコンパクトなNV200バネットがベース。「BASE CAMP SOLO」という名前の通り、1人旅に出たくなるような身軽さと必要十分でソリッドな内装が、男の秘密基地といった感じでワクワク感がありますね。

後部にはフラットなベッドがセットされており、右サイドには使いやすいサイズのシンクや調理スペースが用意されています。また、室内で火を使った本格的な料理をしたいユーザー向けに、換気の出来るベンチレーターや冷蔵庫、電子レンジもオプションで組み合わせることができます。

ベッド下にも収納が用意されていたり、キャンプ用の調理器具や荷物を引っ掛けられるバーが用意されていたり、あるいは自分で棚やフックを追加するなどカスタムできる有孔ボードが内窓に埋め込まれているなど、お気に入りのアイテムを陳列したくなるような作りがGOOD!

また、旅をしているとサンダルやトレッキングブーツなど、アクティビティに合わせて靴を履き替えますが、置き場に悩んでしまうのがシューズ類。BASE CAMP SOLOには右側のスライドドアを開けるとシューズボックスが用意されており、そんな悩みも解決してくれています。

このクルマで北海道一周など、ロングの旅をしたらきっと楽しめるだろうな・・・と感じさせてくれる仕様のバンコンでした。

もちろん用途は1人旅に限りません。乗車可能人数は最大2人で、ベッド幅は110cm×188cmなので、家族や恋人、友人を誘った二人旅だって楽しめちゃいそうです。

>>「BASE CAMP SOLO」の写真をもっと見る!

RECVEE/HOBBYCLE OVER LANDER

続いて、バンコンの老舗レクビィからも男らしいハイエース「HOBBYCLE OVER LANDER(ホビクル・オーバーランダー)」が出展されていました。

タフなルックスの足回りやバンパーガードが装備されておりオフロード色の強いルックスですが、こちらは四駆界隈のトップランナー「JAOS(ジャオス)」とのコラボ仕様!

ポイントは水回りとテーブルがセットになった着脱可能なキッチンユニット。2本のボルトを外せば車外に持ち出して使用することができるのです。

天気が良い日には外で料理をしたくなりますし、なにより火を使った料理をする場合も安心。

ほかにも、運転席・助手席の上や後席の天井にセットされたハンモックのような荷物入れなど、デッドスペースになりがちな部分をうまく利用していました。

またバイクやMTBなどを載せるトランスポーターとしても利用できるような装備も充実。

たとえば車体を固定するタイダウンを引っかけられ、位置を前後に調整可能なスライド式のレールフックが壁面下部にセットされていたり、壁面上部にはプロテクターやジャージ類を引っかけられるレールフックまで!

そして2段ベッドの1段目の一部でもありながら、背もたれ付きの長椅子もポイントの1つ。アクティビティには欠かせない着替えですが、サッと座れる椅子があると便利なんですよね。

長期の旅やトランスポーターとしても使える、男の趣味をなんでも叶えてくれそうなキャンピングカーでした。

>>「HOBBYCLE OVER LANDER」の写真をもっと見る!

ANNEX/RIWシリーズ

ANNEX/RIW200-ER(リュウ200-ER)

最後にキャンピングカー製作販売を専門とするANNEX(アネックス)の「RIW200-ER」をピックアップ。

こちらは特にファミリーに人気で、かなりの人だかりが出来ていました!日産 NV200バネットがベースで、コンパクトなキャンピングカーでありながら5名乗車が可能。

そしてスライド式の2列目シートと回転式の運転席・助手席の組み合わせによってテーブルをはさんだ対座ができちゃいます。

さすがに5人での室内利用は狭いのではと思いながらいざ中へ入ると、天井が広くなり自然光が取り込めるポップアップルーフによって、狭いどころかむしろ解放感がありました。

右サイドにはコンパクトにまとめられたキッチン。ガスコンロとシンクが一体となり、40リッターの冷蔵庫も設置、コンパクトながら作業スペースも十分。

そして肝心の就寝スペースですが、2列目シートをフラットにし、ベンチとしても使用できるベッドキットと組み合わせることで大人2人が快適に就寝可能。

さらにポップアップルーフ部分にもベッドが設置できるので、子供であればさらに2人も寝ることが可能なんです。

大きくはない車体に様々な工夫が施され、基地を展開していくような仕掛けがあるところなど、男心をくすぐりますよね!

>>「RIW200-ER」の写真をもっと見る!

NV200バネットよりも一回り大きいNV350キャラバンをベースとしたRIW350(リュウ350)もフォトギャラリーに並んでいますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

>>NV350キャラバンをベースとした「RIW350」を写真でチェック!

次回予告

次回Vol.4も引き続き「男心をくすぐる! アウトドア仕様のハイエース」特集です!

ミニベロをルーフに乗せてアクティブに楽しめるトイファクトリー「Green Buddy」、釣り好きにはたまらない仕様のダイレクトカーズ「3ナンバー釣りエースII」、無垢材とアイアンでインダストリアルデザインのSEDONAの「SEDONA TYPE III」を特集します。

また、2020年3月には仙台、5月には広島・九州でもキャンピングカーショーを開催予定。キャンピングカーショーに興味がなかった人も「行ってみようかな」と思うかも! 都合が合わず当イベントに行くことが出来なかった人はぜひチェックしてみてくださいね!

掲載は2020年3月6日(金)の12時頃を予定しています!

毎週金曜日はGO TO OUTDOOR!

金曜日といえば「週末はコレをやるぞ」とソワソワしているも多いですが、一方で「どうやって週末を過ごそうかな」と考えている方も少なくないでしょう。

そんな人に向けて“ちょっとお出かけしたくなるような”記事を作っていこうという企画です。

金曜日のランチタイムに記事をアップしていきますので、ぜひチェックしてください!

[筆者:武内 祐徳(タケウチ ヒロノリ)]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
25万円888万円
トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
219.2万円428.6万円
中古価格:
47.8万円795万円
日産/NV350キャラバン
日産 NV350キャラバンカタログを見る
新車価格:
211.6万円426.8万円
中古価格:
59.1万円1,183.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者武内 祐徳(MOTA)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる