カローラクロスの納期を縮めたい! 納車待ちせず効率良く手に入れるために出来る事前商談のススメ

画像ギャラリーはこちら
トヨタの新型コンパクトSUV「カローラクロス」の正式発売が間近に迫っている。ここ1年でトヨタは、ハリアーやヤリスクロス、そしてランドクルーザー300とSUVモデルを立て続けに発売し、そのいずれも大ヒット作としている。喜ばしいことではあるが、ユーザーにとっては「納期待ち」という大問題が発生している。

そして新型カローラクロスも、おそらく大ヒットの予感がする。納期待ちを避けるためにはどうしたらよいのだろうか。ポイントは「事前商談」と「実車確認」である。

目次[開く][閉じる]
  1. 早くも大ヒットの予感、カローラクロスが9月14日に正式発売される
  2. 正式発表と同時のオーダーなら思いのほか短い納期で間に合う可能性大
  3. 何事も事前の準備が肝心! ほんの少しのタイミングの差で、納期は数倍にも膨れ上がる

早くも大ヒットの予感、カローラクロスが9月14日に正式発売される

既にMOTA(モータ)でも度々報じてきたトヨタ 新型カローラクロスだが、いよいよ2021年9月14日に正式発表となるようだ。8月20日頃からは全国のトヨタ販売店で事前の商談を開始しており、見積もりや予約注文に応じている。そこでグレードや価格、オプション装備など詳しい情報も得られるのだ。

カローラクロスのことが気になっているようなら、正式発表前でも迷わず最寄りの販売店に訪れて、まずは見積りを取得してみることをオススメする。実車はまだ触れるどころか見ることすらも出来ないようだが、おおよその情報は得られるはずだ。

その際には、下取り車の有無やローンの支払いことなども気軽に相談しておこう。営業マンを相手にするとついつい身構えてしまいがちだが、人気車を早々に手に入れるためには、こちらの本気度を伝えたほうが良い。

正式発表と同時のオーダーなら思いのほか短い納期で間に合う可能性大

さて、人気必至のカローラクロスだが、いまオーダーすると納期はどのくらいになるのだろうか。既に半年待ちの状態になっているのではないだろうか。

首都圏のトヨタ販売A店で営業スタッフに伺ったところ、意外な答えが返ってきた。

『ヤリスクロスの時もそうでしたが、正式発表直後ならまだ納期が読めます。年内の納車もイケるかもしれません。』

2020年8月末に発売を開始したヤリスクロスの場合は、正式発表が行われたのち、TVCMが流れ、やがてWeb媒体や雑誌に記事が載る頃には、もうかなりの納期待ちが発生していたという。

ただ、発表と同時に展示車両がショールームに並び、実車や正式なカタログを確認。そのタイミングで早々に成約すれば、数か月後の納車も見込めそうだ、というのである。

なお新型車は、発表直後にはまだ各販売店へ配車が行き渡っていない場合も多い。営業スタッフに確認したり、販売店のホームページを事前にチェックしてから訪問しないと、ムダ足になる可能性もある。くれぐれも注意しよう。

何事も事前の準備が肝心! ほんの少しのタイミングの差で、納期は数倍にも膨れ上がる

多くの購入者は、まったくの新型車で実車も見ずに注文するのは躊躇する。それは当たり前のことだ。

メーカーから正式発表が行われ、Webや新聞、雑誌などで発売情報を知る。発表のあった週か翌週の土日にようやく販売店を訪れ、そこから商談がスタートするのが一般的な流れとなる。

新車は高い買い物だけに、即断即決という訳にもいかない。金策はもちろんのこと、下取り車をどう処分するか、新規購入なら車庫を確保しないとならないなど、決めなくてはならないことも多い。

そんな様々な経過を経て、正式注文に至る。こうなると、正式発表日からは2週間や3週間はあっという間に過ぎている。

その時には、淡々と事前商談を進めてきたユーザーの注文が全国から積みあがっており、あっという間に半年待ち・・・ということになるのだ。

正式発表日後の週末からのんびり商談を始めているようでは遅すぎるのだ

事前商談と聞くと、実車も見ないで買うギャンブルのようだと勘違いする方がいるかもしれないが、決してそうではない。ポイントは「実車を見てから正式契約」

正式発売日の前から商談をスタートするのは、少しでも先んじて注文を入れるため。しかし実車も見ずに成約しなくて良い。

正式発表と同時に、多くの店舗には展示車が配車される。真っ先に実車を見て気になる点をしっかり確認し、納得の上でハンコを押せばいいのだ。それだけで、他のお客さんよりも数週間早くオーダーが完了する。この差が大きいのだ。何事も事前準備が肝要なのである。

ともあれ、9月14日の正式発表まであとわずか。週末に出来る限りの事前商談で準備を進め、正式に実車をチェックしたうえで注文を入れよう。幸運を祈る!

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
222.9万円417.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... やど紫苑亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる