新型カローラクロスの発売日と衝撃の価格が判明! 9月14日発売で価格は199万9000円から! しかも日本仕様はまさかの“ヤリスクロス顔”!?[最新情報]

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:TOYOTA・Honda・Mazda
画像ギャラリーはこちら
トヨタの新型コンパクトSUV「カローラクロス」が2021年9月14日(火)に正式発売される見込みだ。これに先駆け、全国のトヨタ販売店では8月20日頃から、事前に問い合わせのあったユーザーや既納顧客に向けた事前商談を開始。カローラクロスの販売価格が早くも判明した! スタート価格は、なんとカローラツーリング(ワゴン)よりも安い199万9000円だというから驚く!

独自調査で分かったトヨタ 新型カローラクロスの価格やグレード構成、そして日本独自デザインとなるフロントマスクの仕様など、発売前のスペシャルスクープ情報をまとめてご紹介しよう!

目次[開く][閉じる]
  1. 新情報! 日本向けのカローラクロスはあっさり系な「ヤリスクロス」顔になる!?
  2. 価格とグレードが判明! 2021年9月14日発売予定のカローラクロス、価格はカローラツーリングより安い199万9000円から!
  3. 年内のカローラクロス納車を狙うなら、とにかく早めのオーダーが吉!
カローラクロスの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新情報! 日本向けのカローラクロスはあっさり系な「ヤリスクロス」顔になる!?

ライズからランドクルーザーまで、SUVフルラインナップを目指しているのかと思うほどの充実ぶりを見せるトヨタ。そのSUVラインナップに新たに加わる「カローラクロス」は、2021年8月20日から受注受付がスタートしている(予約注文はもっと前からスタートしている模様)。

すでにタイなどでは2020年より先行して販売がスタートしているトヨタ カローラクロスではあるが、なんと日本向けの仕様は海外向けとは異なるフェイス(フロントマスク)が与えられ、当然ながら生産も日本となる。黒の樹脂部が目立つ海外向けに比べ、ヤリスクロス風のあっさりした(宇宙人顔!?)カラードグリルとなるのだ。

パワートレインは日本仕様のカローラシリーズにも採用されている1.8リッターのハイブリッドとガソリンの2種類で、ハイブリッドは2WD(前輪駆動)のほか、モーター式4WDのE-Fourが用意され、ガソリンは2WDのみとなる。

カタログ燃費はハイブリッドモデルが26.2km/L(4WDは24.2km/L)、ガソリンモデルが14.4km/Lと、車重が重い分、ボディサイズの近いカローラツーリングよりも若干悪い数値となっている。

価格とグレードが判明! 2021年9月14日発売予定のカローラクロス、価格はカローラツーリングより安い199万9000円から!

グレードは上級グレードの「Z」、中間グレードの「S」、ベースグレードの「G」が用意され、ガソリンモデルにのみ、「G”X”」と呼ばれるエントリーグレードが用意される。気になる価格は以下の通りだ(カッコ内は4WDの価格)。

2021年9月14日発売! トヨタ 新型カローラクロスの販売価格予想

HYBRID Z 299万円(319万9000円)

HYBRID S 275万円(295万9000円)

HYBRID G 259万円(279万9000円)

ガソリン Z 264万円

ガソリン S 240万円

ガソリン G 224万円

ガソリン G”X” 199万9000円

※価格はすべて消費税込み

<MOTA編集部独自調べ 2021年8月21日現在>

グレード体系が異なるため直接的な比較ではないが、SUVらしいエクステリアなどを持つためかカローラツーリングよりも高い価格となっている。しかし、ガソリンモデルのG”X”のみカローラツーリングの方が高い(201万3000円)という逆転現象が起こっている点は興味深いところだ。

なおカローラツーリングやセダンに設定される「W×B(ダブルバイビー)」グレードは、ひとまず新型カローラクロスには設定されない。

年内のカローラクロス納車を狙うなら、とにかく早めのオーダーが吉!

新型ヴェゼルやCX-30を引き合いに出せば好条件が引き出せる?

なお、セールスマニュアルでは仮想ライバルをホンダ ヴェゼルやマツダ CX-30に置いているようで、これらの車種を引き合いに出せば若干ではあるが好条件が出る可能性もありそうだ。

カローラクロスの装備として特筆すべきものは、カローラシリーズとしては初となるハンズフリーパワーバックドアだ。スマートキーを携帯していれば、リアバンパー下に足を出しいれするだけでバックドアが自動開閉するもので、多くのSUVに装備されているもの。これはZグレードに標準、Sグレードにメーカーオプション設定(7万7000円)となる。

またSUVらしい装備としては大型のパノラマルーフがZグレードとSグレードにオプション設定されている(11万円)。

その他の主要装備としては、7インチのディスプレイオーディオが標準装備となり、ZグレードとSグレードではプラス2万8600円で9インチモニターにできる点や、100V・1500Wのアクセサリーコンセントがハイブリッドモデルにオプション設定(4万4000円)される点など、カローラシリーズと共通の部分も多い。

半導体不足の問題も絡み、注文が殺到すれば納期はすぐに2022年春頃まで延びる可能性大

最後に気になる納期だが、8月20日の時点ですでに年内納車できるかどうかギリギリといった状態。新型コロナウイルス感染症の影響や半導体不足などもあり、全体的にクルマの納期が延びている点も影響しているようだ。

さらにカローラクロスは人気が集中する可能性があるため、契約が1日ズレるだけで数週間から数か月納期が延びる可能性も大いにあるため、乗り換えを検討している人は早めに行動した方がいいだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部/撮影:TOYOTA・Honda・Mazda]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる