キザシを見たら覆面パトカーと思え!?幻のスズキフラッグシップカーの謎に迫る!

  • 筆者: 小鮒康一
  • カメラマン:オートックワン編集部・スズキ株式会社

レア車「スズキ キザシ」が集まる場所がある!

2009年に日本での発売を開始した当時のスズキのフラッグシップセダンであったキザシ。残念ながら販売台数は芳しくなく、2015年末で販売を終了しています。

一時期はスズキ社長の移動車としても活躍していた車両(今は噂によるとソリオだとか)だけに、寂しさを感じることもありますが、ある特定の場所へ行けばキザシの雄姿を高い確率で拝むことができます。

その場所は警察署です!(良いコはマネしないでね!)

>>【画像】警察車両でほぼ間違いない!スズキのレア車「キザシ」

キザシを見たら警察車両だと思ってほぼ間違いない!

そう、キザシは国費として購入され、全国の警察署に配備されたスズキ初の車両でもあったのです。

しかし、あまりに希少車種だったため、自動車マニアからはキザシを見たら警察車両だと思えと言われる始末。捜査用車両として街に溶け込まなければならないのに、むしろメチャクチャ目立つという本末転倒な結果となってしまったのでした。

ちなみにキザシは「覆面パトカー」と言われることが多いですが、基本的には捜査用車両ですので交通違反などの取り締まりに従事することはありません。

そのため、ドライブ中にキザシに遭遇しても、よほど無謀な走りをしていない限りはサイレンを鳴らされて停止を促されることもないでしょう。もし、あなたが指名手配犯などでない限りは。。。

そもそもキザシはどういうクルマなの?

キザシはもともと海外での販売を念頭に置いて開発された車種であり、北米市場でのライバルはアキュラ TSX(日本でのホンダ アコード)やフォルクスワーゲン パサートなど、ミドルクラスのセダン。そのため、搭載されるエンジンも直列4気筒の2.4リッターとやや大きめ。

日本ではワングレードの展開で、FFと4WDが選択できる程度。ボディカラーも白、黒、シルバーの3色のみでした。

海外仕様では赤とかサンルーフとか選べたのですが、日本仕様はハナから売る気がなかったのでは?と勘ぐってしまうほどの控え目なラインナップだったのです。

キザシの警察車両の見分け方は?

そんなレアなキザシだけに、街中で見かけたら「おっ、レア車♪」とスマホカメラで撮影したくなってしまいますが、警察車両だった場合は屈強な刑事さんから熱烈なラブコールを受けることにもなりかねません(もちろんユーザーカーでも無断撮影はトラブルの元ですよ!)。

そこで、キザシの覆面仕様車の簡単な見分け方を伝授しましょう。

・フォグランプがない

・パーキングセンサーがない

・ルーフ中央後部にアンテナが付いている

・内装が革シートじゃなくてファブリック

・ステアリングが革巻きでなくウレタン

・パドルシフトがない

以上の6点です。

後半は難易度が高いですが、前半は簡単に判別できるポイントですね。中にはフォグランプレスのベゼルに交換しているマニアという拗らせたユーザーもいるようですけど…。

ちなみにホワイトパールなどのボディカラーは有料色でしたが、元々3色しか設定がなかったことから、ボディカラーに関わらず納入されているようです(ただし、シルバーが圧倒的に多い気がする)。

また、デカデカと前後に輝くスズキエンブレムが目立ちすぎて捜査に支障がでるという意見が多かったのか、Sマークの入らない社外グリルへ変更したり、リアエンブレムを取り外した車両も見受けられますが、どっちにしてもキザシで社外グリルつけているのがレアなので、目立ってしまう事には変わりありません。

結局、キザシの捜査車両の納入は2年で終了したようで、現在は新型のクラウンが続々納入されている様子。

キザシの雄姿が拝めるのもあと数年といったところのようです。

[TEXT:小鮒康一/PHOTO:オートックワン編集部・スズキ株式会社]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者小鮒康一
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ キザシの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ キザシのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ キザシの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ キザシの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ キザシのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる