MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 自動車ライターが買ってよかった&後悔したクルマを大公開! 名車シビックタイプRはどっち!?

特別企画 2019/5/4 16:30

自動車ライターが買ってよかった&後悔したクルマを大公開! 名車シビックタイプRはどっち!?(1/2)

ローバーミニ
ローバーミニ自動車ライター小鮒 康一の買ってよかったクルマ・後悔したクルマ日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]自動車ライター小鮒 康一の買ってよかったクルマ・後悔したクルマ画像ギャラリーはこちら

30台近くを乗り継いだ自動車ライターが語る“天国と地獄”!?

自動車ライターの「フナタン」こと小鮒康一氏

オートックワン編集部から連絡が来た。

「小鮒さんってたくさんクルマ買い替えてるじゃないですかァ、そのなかで買ってよかったクルマと、後悔したクルマ教えてもらえますゥ!?」

※編集部注:こんなに間延びした口調ではない

確かに今まで30台近いクルマ(主に車両価格10万円前後のポンコツ)を乗り継いではいるが、どれも欲しくて購入したクルマばかり。後悔したクルマなんてあるわけないじゃないか! と、言いたいところではあったが、確かに購入してから「アレ?」となった車種もないわけではないことに気づいてしまった。

ということで、完全な個人的主観による買ってよかったクルマ、後悔したクルマをご紹介しよう。

>>【画像特集】自動車のプロの車歴とは!? 懐かしのEK9やグロリアワゴンも登場!

買ってよかったその1 ローバー ミニ

自動車ライター小鮒 康一の買ってよかったクルマ・後悔したクルマ

クラシックミニは実は免許を取得して初めて購入したクルマ

信じてもらえないかもしれないが、免許取得時はそれほどクルマに興味があったわけではなく、当時住んでいた地域が田舎すぎてクルマがないと生活もままならない場所のため、必要に迫られて取得したのだった。で、最初に選んだのが当時読んでいた漫画「シティーハンター」の主人公の愛車だったという安易な理由でミニだったのだ。

※写真は実際の車両、著者提供。

しかし、その“ゴーカートのような”と評される乗り味にすっかり魅了され、気が付けばバリバリにカスタマイズを施してサーキットランを楽しむようになってしまったのである。最初に購入したのは1.3リッターのインジェクションモデルだったが、サーキットを走るにはチューニングのノウハウがあるキャブレター車が向いているということで、1台目を事故で失ったタイミングで1.3リッターのキャブ車に乗り換え、エンジンチューニングまで施してサーキットで走り回っていた。結局そのクルマはサーキット仕様になってしまったため、街乗り用に1000ccモデルも追加で購入するほどミニにハマっていったのである。

残念ながら現在はミニは手元にないが、チャンスがあれば一生モノのミニを手に入れたいと考えている。そのときは当時憧れたマーク3のクーパーSがいいなーと妄想する日々だ。

買ってよかったその2 日産 リーフ

日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]「e+」を示すエンブレムの類は特になし/日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]

続いては現在の愛車のひとつの日産 リーフ。

電気自動車というとどうしても充電の問題やバッテリーの劣化などの不安が付きまとうが、そんなものは乗ってみなきゃ分からない! ということでうっかり購入してしまった。会社員時代に初代リーフに関わっていたこともあったので(開発や販売ではないが)電気自動車に対するアレルギーも少なかったこともあるが、実際に所有してみるとデメリットを補って余りある魅力が詰まっていたのである。

特にクルマであちこち行く自分にとっては燃料代(電気代)が毎月定額というのが非常にありがたいところ。またモーター駆動ならではのレスポンスやトルク感、そしてエンジンがないことによる振動の少なさも長時間運転したときの疲労感軽減につながっていると実感できている。

と、ほめまくると「日産の回し者か!」と言われてしまうが、リーフは全額自腹購入なので、バッテリーの劣化や不具合があったら包み隠さずご報告したいと思っているので、そういった意味でもご期待いただければ幸いだ。

>>【次ページ】いよいよお待ちかね!? 後悔したクルマ達が登場

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR