autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ドライブ中、高速道路で体調が悪くなったら、どうすればいい?【高速道路でのトラブル対処法:その8】

特別企画 2018/4/21 10:00

ドライブ中、高速道路で体調が悪くなったら、どうすればいい?【高速道路でのトラブル対処法:その8】

Text: オートックワン 編集部
画像ギャラリーはこちら

最寄りのサービスエリアで停車し、エリア・コンシェルジュに相談してください

ドライブ中に高速道路本線上で体調が悪くなった場合は次のサービスエリアに立ち寄り、停車してください。

本線上での駐停車は路肩に停まるのであっても大変危険です。また、本線上を運転中に意識を失うようなことがあれば他車を巻き込む重大な事故に繋がりかねません。

参考記事:高速道路の路肩はこんなに危険!待機場所の良い例・悪い例をVR映像で疑似体験

大きなサービスエリアには救護室があります

体に不調を感じたら最寄りのサービスエリアに立ち寄り、エリア・コンシェルジュ(インフォメーションにいるスタッフ)に相談してください。サービスエリアの中には体調が優れない人向けの救護室を設けている場合があります。医者が常駐しているわけではないので治療や投薬処置は受けられませんが、万が一の場合は救急車の手配を行ってくれます。

また、高速道路ではどのサービスエリアにもAED(自動体外式除細動器)が設置されており、救急車を呼ぶような事態になった場合でも速やかに応急処置を行うことができます。サービスエリアに停車中でしたら、高速道路が渋滞中でも救急車は高速道路を走らずにサービスエリアの外から直接駆けつけることが可能です。

「ちょっと体調が悪い」と感じたら無理をして運転せずサービスエリアで休憩し、体調を確認するようにしましょう。

「出典・イラスト提供:NEXCO中日本」

http://www.c-nexco.co.jp/safety/justincase/

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR