氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート(1/3)

氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート
氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子 氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子 氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子 氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子 画像ギャラリーはこちら

最新スタッドレスの進化ぶりを改めて考察してみる

氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子

冬の移動をより安心かつ頼もしく、そして楽しく過ごすためにスタッドレスタイヤの存在がいかに大きいか、というのは誰もが認識していることだと思う。スタッドレスタイヤは冬道の心強い助っ人だもの。

トーヨータイヤが昨年発表したスタッドレスタイヤ『OBSERVE GARIT GIZ』(オブザーブ・ガリットギズ)

インプレッションについては前回の記事もぜひ参考にしていただきたいが、今年2月に北海道は佐呂間(サロマ)にあるトーヨータイヤのテストコースで改めてテスト走行した際に「なるほど」と体感できたことがあった。

そしてこれがまさにトーヨータイヤ最新のスタッドレスの進化を表しているのだな、と再認識したのだ。

従来型の併売モデルでも性能に問題はない。だが・・・

氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子

OBSERVE GARIT GIZのカタログに書かれている『瞬感スタッドレス』の文字。

これは、文字通り瞬時に体感できる効き具合という意味で付けられていると想像する。そしてテスト走行後には・・・乗る前よりもこの“瞬感”の文字が大きく強調されて見えたからアーラ、フ・シ・ギ。

ちなみに最近のスタッドレスの走る、曲がる、止まる、の性能の頼しさは、併売している「GARIT G5」でも十分に感じられる。このときも同時にGARIT G5を履いたインプレッサに乗って、スタッドレスとしては到底歓迎されないような不安感や物足りなさを抱くことはなかったのだった。

ガリットギズだと、その“瞬感”がいろんな場面でやってきた!

氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子氷上、コーナー、圧雪路・・・様々な路面でスタッドレスを試してみた/ 「トーヨー オブザーブ・ガリットギズ」試乗レポート/飯田裕子

ところが“瞬感スタッドレス”と銘打つOBSERVE GARIT GIZを履いた「マツダ アテンザ」、「アウディ A3」「スバル インプレッサ」などでは、駆動方式に係らず、その“瞬感”がいろんな場面でやってきた。それは様々なシーンに共通している、とてもシンプルだけれど頼もしいことだったのだ。

走る、曲がる、止まる、を行うドライバーのペダルやハンドル操作に対し、その直後、その“瞬感”からタイヤのグリップが効いていることがしっかりと手応えや足(ペダル)応えに伝わってくる。これがとても心強く、大事なことだと改めて気づく。

一般的なスタッドレスタイヤであっても不満はなかったはずなのに、この“瞬感”がわかると、それに越したことはないと思うのは当然でしょう?

[氷板路、コーナー、圧雪路・・・様々なシーンで試してみた・・・次ページへ続く]

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる